今夜、四谷の地下室で。

ライブハウス四谷アウトブレイク店長が日々起こる事やバンド活動についてなど色々書いてます。

ジェネレーションギャップ

って、大抵年上の方が年下に使うじゃないですか。

でも今日は!僕は!!あえて言いたいっ!!!!

水谷豊といえば「熱中時代」じゃなくて「刑事貴族」だっ!!

あれこそが僕のエンターテイメントの原型であり理想の形である。

という訳で今朝も仕事前に串焼き「こんの」

080530_131130_M.jpg

焼き魚定食。ごはんみそしるお変わり自由¥650.

最強。今日の食事終了!佐藤です。

まず一昨日は佐藤渾身の企画であります

「今夜四谷の地下室で」

毎回僕の独断と偏見の元に設定された

コンセプト(完全な後付け)にそって行われる1日です。

今回のテーマはずばり「おしまいははじまり」(後付け)

この日を堺に活動を休止するI.norganicさんや

この日でDrが脱退してしまうthe 8 flagさん。

新Drを向かえ日々リスタートしていくPUNCH-LINEさん

初めての四谷アウトブレイク、群馬からBROKEN THE BLUEさん

そして最近貪欲な音楽的欲求をあらわにさせるヒーヒズヒムイズムさん。

ド平日に関わらずびっくりするくらいの人。

ありがとうございます。そして「おしまいのはじまり」に

ここ四谷を選んでくれた皆さんありがとうございました。

本当に色んな意味で最後のライブというのは

皆さん感動的なライブをします。それは実際の

演奏もあることながら聞き手の心構えも大きいような気がして。

何気ない普段のライブも本当は1本1本こうやって

真摯に聞かなきゃ、やらなきゃ、たのしまなきゃ。

当たり前だったものはある日突然無くなるのです。

そしてある日突然生まれる。

終わり無き螺旋階段を今日も僕達は上り続ける。

なんちゃって。

で、終了後は今日が終わるのを惜しむように

たくさんの人がダラダラしてました。

久し振りに会う人も多数。2年ぶりなんてざらでしたね。

それでやっぱり僕はこの1日が終わるのが勿体無くて

僅かなメンバーとラーメン「銀」へ。毎度店長に

無理難題をふっかけてご迷惑かけました。

で、まだまだ終えずに電車へ。

aa.jpg

シュワッチ!

で昨日は早朝からスイスのバンドDjizoesの

リリースに関してPCとにらめっこ。眼いてぇ。

気晴らしに雨の中歩いて新宿へ。

CD屋にて格闘。散財はなんとか逃れる。

水谷豊のCD欲しいよ!

じゃ四谷で。