今夜、四谷の地下室で。

ライブハウス四谷アウトブレイク店長が日々起こる事やバンド活動についてなど色々書いてます。

大日本音自慢大会=大日・本音・自慢大会

今朝ですね、生まれて初めてカレーに

納豆をトッピングしたんですよ。

噂には聞いていたんですけどね。

結果・・・

うーん。

うーーん。

佐藤です。

昨日から始まっています多火油機団+OUTBREAKの

3日間連続共催企画。

初日の昨日は全8バンドの超大ボリューム。

いやぁ色々ありすぎましたね(笑

でも凄く久々にTHE EMERALDSさんに会えました。

永遠のッロックンロール少年、色男。

あの当時のキラーチューンが見事に前半戦に組み込まれていて

後半戦はちゃんと前作を超えたキラーチューンが待っているという

すごい曲順。これさらっとやってたけど凄い事なのです。

バンドマジックによって生まれた名曲を超える名曲を

作り出す労力というのはもうバンドの宿命なんですが

それをサラッと(実際には大変な苦労があったと思いますが)

やっちゃうTHE EMERALDS。かっこいいぜ!!

多火油機団はじめ、皆さん本当におつかれさまでした。

今日もがんばりましょうね、お互い。

それと佐藤は再び訴えたい事がある!!!

それは時間であります。

そりゃイベントやってればタイムテーブル通りに進まないのは

当たり前です。それでもなんとかオンタイムで進むようにと

一生懸命がんばるのが企画段階の製作チームであり

当日のスタッフであり、当日の出演者さんだと思うんですよ。

時間どおりにサクサク進むと不思議とお客さんも帰らないんですよね。

割と残ってくれる確率が高い。でもこれが転換だったり本番だったりが

長いと結局帰ってしまうんですよ。これってどのバンドの為にも

ならないじゃないですか。せっかくだから知らない人にも

見てもらいたいじゃないですか。

だから時間は守って欲しいなぁと切に佐藤思う訳です。

じゃ四谷で!