今夜、四谷の地下室で。

ライブハウス四谷アウトブレイク店長が日々起こる事やバンド活動についてなど色々書いてます。

手がかりになるのは、あの月明かり

200710140130000.jpg

今朝のサンジャポのカオスっぷりに

ちょっと笑いました。佐藤です。

さて昨日はBREEZE初企画ということで面白かったです。

彼等とはもう5年位のお付き合いをしていまして

その中で初企画ですから、思いも深くてね。

打ち上げ中も色々良い話できましたよ。

で、思うのが所謂土日祝日でしか活動できない

バンドさんってたくさんいるじゃないですか。

所謂「社会人バンド」と呼ばれる人達。

でももちろんガンガン平日にやっているバンドマンも

「社会人」な訳ですよ、当たり前の話。

で、土日しかライブができないバンドさんでも

やっぱり真面目に音楽/バンド/お客さんの事を

考えているわけで、そこに格差って無いと思うんです。

正直いえば、どんだけプロになりたいか!?とかまで

いっちゃうと話は少し変わるとは思います。

でもやっぱり根本で同じであるわけです。

そこに差ってないですよ、音楽だけの話をすれば。

そんな当たり前の事を再確認。ありがとう。

この土日のみの活動を続けるバンドについては

最近考える事があったんですよ。

例えば自分達のライブ終了後にお客さんと共に即撤収。

肝心のバンドサウンドも完全自己満足。

20数名のお客さんにキャーキャーいわれて完結。

いやね、いいんですよ。楽しみ方は人それぞれですから。

ま、でもライブハウスとしては悲しいような・・・ね?

これも俺達の勝手なエゴなのでしょうか??悩むね。

だってそれならワンマンでやればいいしさ。

ブッキングってことは不特定多数のお客さん、バンドと

交流をもってあわよくば気に入って貰いたいという欲求が

あるからブッキングで来てくれる訳じゃないですか。

ただハコ借りよりも安いからって事だったら、寂しいなぁ。

でもこれもライブハウスのエゴなのかなぁ。。。

ムキョー!こんがらがってきた!!!

・・・なんて事を最近考えていたんだけど

昨日はそんな悩みもぶっとんで楽しかったっす。

ありがとう!!!!

というわけでまた四谷で会いましょう。

写真はBREEZEの皆さん