今夜、四谷の地下室で。

ライブハウス四谷アウトブレイク店長が日々起こる事やバンド活動についてなど色々書いてます。

悲しくなんか無い

筋肉痛が遂に1日あけてから

くるようになりました。あいたたた、佐藤です。

さて昨日は恒例EXTREME THE YOTSUYA CITY!!

主にラウドな皆様やコアな皆様にお集まり頂くイベント。

昨日はいろんな意味で恒例となってるメンツでした。

ってことは・・そう、打ち上げが酷い!!!!!!!!

大人数でワイワイとはちょっと違う

少人数でも酷すぎる打ち上げ!!!!カオス!カオス!

昨日の出演バンドさんは僕と同世代が多くて

こう、俺もがんばんなきゃな!って気持ちになります。

微妙な発言かもしれませんが20代後半のバンドマンって

ある種のターニングポイントに立たされていると思うのです。

周りはガンガン昇給してんのに、こっちはいつまでも

出会い系のサクラやってたりとか。周りの友人たちは

結婚して幸せな家庭を築いて日曜のお昼に公演いったりとか。

言い出せばキリがないですが所謂世間一般的な

幸せとよばれるものに遭遇する機会が多くなるんです。

もちろんそんな幸せより、バンドがやりたいんだぁぁぁ!という

気持ちで活動をしている皆だからそんなのはちっとも気にならない。

でも、でも、ふと振り返ってしまう瞬間がある。

そんな20代後半のバンドマン程応援したくなります。

僕自身も現役バンドマンではないですが、やはり

ライブハウスという職業を選んだ時そういう一般的な

幸せはもはや不可能であります。僕が選んだ道だから

不安も後悔もなく、毎日楽しく生きてますよ。もちろん。

でも、でも、ふと振り返ってしまう瞬間がある。

でも、でも、ふと振り返ってしまう瞬間がある。

それでも僕らはこの生活をやめられないんだよね。

理由は自分が解かっている。それでいいじゃないか!

すべてのバンドマンに幸あれ!