今夜、四谷の地下室で。

ライブハウス四谷アウトブレイク店長が日々起こる事やバンド活動についてなど色々書いてます。

バンドと音楽を近づける

昨日はお店を抜けさせてもらって
下北沢にてAndareのライブ。
四谷の地下室を離れて外の街に出る時は
ここぞとばかりに街の空気を吸う。
下北、高校生の時にバイトしてた街。
はじめてちゃんとレギュラーでライブが出来た街。
いくつもの思い出が・・・全然出てこないわ!!
あの頃とは違う、街も人も変わるもんだ。

リハ前フラフラしてたら裏の小道で
ガスバーナー片手に座ってる人がいた。。。

法律上どうかは置いておいて
なんなんだ、この野良コーヒーは。。。

聞いてみたら夜高バスで来て
夜高バスで帰るんだそう。。
人との出会いとか会話を求めて
こんな事をしているそうだ。。

確かに最近若者の中で日本一週とか
見知らぬ誰かと出会いたくてとか
そういった種類の欲求が高まってるのは
なんとなく感じる。
なにかをエサというかキッカケにして
見ず知らずの人と話すというのは
確かにとってもエキサイティングだし
学生ならでは。おじさんも迷わずコーヒー飲んだ。
下北沢ベースメントバー
Andareで僕自身としては初のスリーピース編成。
それなりに緊張してそれなりにワクワク。
見てくれた皆様ありがとうございました。

反省点多々ありながらも
バンドと音楽というのは同じでいて同じでなく
これをいかにイコールにするのかが
やっぱり大事なのだ。。。
点を合わせる、ぐうう難しい。。。
たくさん勉強させてもらいました。

でも全部を抜きにしてライブが
たのしかった=====!!!!!
わーーーーーい!!!!

ライブ後ちょっとご飯たべて
四谷にトンボ帰り。
レコーディング1本。

バンドと音楽は似てるようで違う。
そしてバンドは民主主義じゃないんだよな。
みんなの意見を聞いても最後に決めるのは
自分なりリーダーなり。絶対王権なんだよ。

レコーディングはそれが浮き彫りになるから
やっぱりおもしろいよなぁ。
ちょっとでもバンドの糧になれば
打ち上げのビールを(少しだけ)我慢した甲斐が
あるってもんだぜ。

じゃ、四谷で。