今夜、四谷の地下室で。

ライブハウス四谷アウトブレイク店長が日々起こる事やバンド活動についてなど色々書いてます。

通じない話。

まー沢山ありますよ。お互いに、それぞれ。

これにしてもそう。色んな意見を貰ったけど
通じてない・・・と思う事ちょびっとあったもんなぁ。
その後のFRESH!の配信でもそうだったし。
意見が違うのは大歓迎。
でもそこにはお互いの意見がしっかり通じてるのが
超大前提じゃないですか。
故に「通じない」というのは結構ダメージを食らう。
ただ、ちょっと落ち着いて考えれば
身近な、同じライブハウスや音楽が好きな皆さんとすら
「通じない」瞬間があるのは仕方ない事なのだ。
世の中全員と通じ合うなんて無理だもーん!!!!!!
先日もカメラマン問題のお手本みたいな人が居た。
本人もバンドも楽しそうだったから何も言わないし
ほほ~みたいな感じで見てしまって
人とバンドの数だけ答えがあるのだよな、きっと。
という結論に至った。
ただ、受付に大きく
「ライブ中に写真を撮る時は自分の後に
そのバンドのお客さん予備軍がいるという視点を持とう」
みたいな標語を掲げようと思う。割と本気で。
はてさて、昨日は大学生のサークルイベント。
2校の共同主催で両方医学部!!ぎゃーーー!!!
ブルジョア!垢抜けてる!男女の仲が良い!
自然なボディータッチ上手!テキーラ飲んでる!
泥酔者は帰りタクシー!部の車がある!!!!!!
選曲も洒落てて演奏上手!!!!
普段の真っ黒いTシャツだらけのメタルサークルとか
男女比9:1のバカ騒ぎキッズだらけのサークルとか
マニアックな曲やバンドに集中するあまり
お客さんはポカーンのサークルとか。
僕が愛して止まないそういうのとは全く異次元。
しかし、これが華やかで羨ましくて
みんな遊ぶのが上手でハッピーな夜でした。
立派なお医者さんになるんだぞ=====!!!

通じる・通じないの話で言えば
昨日の若者達とは通じてたと思う。
楽しむ場所を求めている人とそれを提供する人。
ロックとはなんたるか?を語らずとも
ライブハウスは遊び場と成り得るのだ。
じゃ、四谷で。