今夜、四谷の地下室で。

ライブハウス四谷アウトブレイク店長が日々起こる事やバンド活動についてなど色々書いてます。

居場所は自分で作りましょ

昨日はUnited RocknRollという企画。
幾つかのバンドがチームを組んで
毎回違うホストバンドが企画するという
仕組みのイベント。

お客さんをイベントにつけるという
まさに理想刑をみんなで追求しようという
とってもナイスなイベントでした。
ロックンロールとライブハウスを
みんなで楽しもう!と思ってもらえて
その遊び場に四谷を選んでくれるなんて
センス高すぎでしょう。ありがとうございました!!!
常日頃、広がれよ!!と言ってる僕ですけど
狭いコミュニティーだからこそ夢のある部分も多いのです。
どちらも素敵な部分が沢山ある。
だからどうか、お客さんもバンドも自分の立ってる場所を
しっかり見つめて、ちょっと違うな?と思ったら
色んな場所にいけばいいんだよ。
自分にぴったりな場所は必ずあるから。
無ければ自分で作ればいいだけの話。
その選択に人生を豊かにする鍵があるはずだ。
昨日はそういう意味でもバランスばっちりで
見てるこっちがニコニコできるイベントでした。
主催者さんの人柄ですな。まさに。
夕方、裏手の定食/居酒屋の弥助が
15周年パーティーをしていて
お祝いの品を持って一瞬顔をだす。
四谷で15年やれるって本当に凄い事。
ここのランチ、俺多分8年位食い続けてるんじゃないか。
おめでとうございます!
今度は夜に飲みに行きたいっ!

弥助のマスターには直接聞かなかったけど
やっぱりマスターも選び続けてきたのだと思うのです。
自分の居場所、お店ってやつを。
きっと出禁のお客さんも沢山いるだろうし(笑
長い期間で新しいお客さん、離れていったお客さんも
沢山いたはずなんです。
それでも、マスターは自分の場所はコレ!といって
厨房に15年立ち続けたんだと思います。
(夜は大体客席で酔いつぶれてるらしいけど)
そのマスターが好きなお客さんが集まるんだから
そりゃ、自分の居場所になるよな。
飲み屋の質ってのは常連客が決めるのです。
なにも言わないその背中に、僕は勝手に学ぶばかり。
我々も15周年目指して頑張ります。

じゃ、四谷で。