今夜、四谷の地下室で。

ライブハウス四谷アウトブレイク店長が日々起こる事やバンド活動についてなど色々書いてます。

その瞬間は誰のものでもない。

休めば楽になるのは解ってる。
休んだら良い仕事できるのもわかってる。
でも、できねぇんだよ。。。
ブラックでも洗脳でもなく
俺はライブハウスの住人なのだ。
頼られる限りまだまだやるべき事は多くあり
困難やトラブルはその倍以上。
歩みを止める事が出来ない病気。がーん。
昨日は前半PA.ひたすらオケを出し続ける。
アイドルに代表される「オケライブ」は過酷だ。
リハもないアーティストも多いので
曲順表に書かれたテキストだけが全て。

1曲目はこのCDの何曲目?
プレイボタンを押すのは曲フリ?曲先行?
あ~CD入れ替えの時間が・・・
突然のCDエラーが・・・
ワイヤレスのマイク間違ってる・・・

などなど色々と大変なのです。
出来ればライブごとに曲順どおりのCDを
焼いて持って来てくれると嬉しいの。。
そして深夜はジャイアンナイト
昨日はダイノジ大谷さんも駆けつけてくれて
みんなでDJパーティーでした。

決して動員が多かった訳じゃないけど
参加してた皆さんの良い顔率100%
それが凄い事です、本当に。
でこういうイベントって2時にもなると
大体お客さん全員入っちゃうもんなんですけど
昨日は珍しく3時頃に、深夜には似つかわしくない
メガネの非常に普通な、ライブハウスには
居そうもない若者がちょっとオドオドした雰囲気で
当日券入場してくれました。
まちがってもこの時間まで飲んでいたようには見えないし
渋谷からタクってきたぜ、ウエーイ!というアクティブさもない。
珍しいな~と思ってみていたんです。
ジャイアンナイトの特徴はみんなで同じ振り付けをする所。
フェスとかでも良く見られる皆で同じ振り付けしようぜという流行の
良い悪いって論議は置いておいて、彼がそれに馴染めるか
とても不安だった。飲み物の注文はウーロン茶、うん、飲めなそうだもんね。
最初は恥ずかしながらちょっと手を上げてたりするんだけど
段々と乗ってきて最終的には超楽しそうな顔してた。
なんか、この瞬間に1日の疲れがホワーっと飛ぶ満足感。
あの瞬間、彼はどんな思いでいたのだろう。
勝手に色んな事を妄想してしまうけど、あの瞬間は
誰のものでもなく、彼のもの。
どうか楽しい思い出として持って帰ってくれますように。

早朝、安定の床寝。ぐっすり眠れた。
じゃ、四谷で。