今夜、四谷の地下室で。

ライブハウス四谷アウトブレイク店長が日々起こる事やバンド活動についてなど色々書いてます。

手、抜けない。

昨日は3連休最後に四谷っぽい愉快で
いろんな人がいるライブとなりました。
結論、楽しかった===!!!!!!

圧巻はやはり、THE BASSONSですよね。
日本語ラップの重要人物ダースレイダーさんが
新しく立ち上げたマイク+ドラム+ベースの
ファンキーアジテーションバンド。
たたきつける言葉はロックバンドのボーカルと
やり方は違えどマイク1本で戦ってきた
圧倒的な存在感。そしてフリースタイルで
培われた豊富な言葉とユーモア、切り替えし
現場の空気に泳ぐ言葉を捕まえるキャッチ力。
もうね、フロア全員やられてしまって大盛り上がり。

で、面白いのはフロアの殆どがダースレイダーという
ラッパーを知らないって事なんですよね。
前知識なしに言葉とビートでフロアを沸かすって
超かっこいいじゃないですか!!!
次回は12/10に四谷登場、皆様お見逃しなくです。
佐藤期待のHydrogenは前回の反省点を
クリアすべくもがいてました。その姿かっこよし。
ステージに立ったときに普段着がカッコイイバンドと
衣装がカッコイイバンドってのがいるんですよ。
それを見誤ってはいけないのだ。
初登場となるLogosは、初対面だと思ったら違ってて
ライブハウス長くやってるとこういう再会があるので
うれしい。バンドの魅力に「目力」があるのは宝ですね。

BaCK Woodsはメンバー脱退がありながらも
根性で参加。人の良さがにじみ出るライブに
久しぶりにもっと練習せんかい!と渇。
ライブハウスマンなら絶対可愛がってしまう謙虚さが憎い(笑

そしてラストのかもめのジョナサン
ブッキングとしては非常に攻めた0か100の
勝負でしたが見事に100として帰っていきました。
自分の音楽を見せる為、聞かせる為の
仕掛けをしっかりと考えた確信犯。
本人は聞いたことなさそうだけど、ジャーマンテクノの
血を勝手に受け継いでしまった異端児。
ああ、かっこよかった!!!!!!!!!!
演奏後はHANDS CLAP GANGチームと
多いに飲みまくりました。
元々ライブハウス界の大先輩、その一言に
いつも背筋が伸びる思いです。
打上の1シーンが非常に心に残っています。
メンバーの(人間的に)ダメな所をダメって言って
なにが面白いんだ?この世界にいるやつは皆ダメなんだよ!
その中で俺達生きてるんじゃねぇか!!!!!

ちょっとニュアンス違うかもしれないけど
誰かの悪い所を指摘して自分を安心させるのは良くない。
という事と俺達は家族だ!という両方のニュアンスが
うまく組み込まれていて名言だなぁ、と思いました。

ダメも良いも最高も最低も全部飲み込んで
それでもバンドがやりたいって集まってる訳ですよ。
そんな人を支えるのが我々の仕事であって
手抜けないな~と改めて思いました。オス。

皆さんがいつでもニコニコ帰ってきてくれる場所で
ありたいですよね、ライブハウスって。

いってらっしゃい
おかえりなさい

じゃ、四谷で。