今夜、四谷の地下室で。

ライブハウス四谷アウトブレイク店長が日々起こる事やバンド活動についてなど色々書いてます。

言葉とリズム

昨日ははじめまして&お久しぶりの方を
交えての夜でした。相変わらずのブッキングぐちゃぐちゃな
感じでお届けさせて頂きました。
俺の中では筋が1つビシっ!と通っているんですけど(笑
アサダマオはやっぱり素晴らしかった・・・!!!!
アコギ1本にラップというかひたすら言葉を詰め込む歌唱スタイルは
韻もきちんと踏みながらもメッセージ、物語性、どこから
切り取っても心に響く素晴らしさで溢れていました。
言葉と人の生きてる感マジですごい。感激しました。
前に一緒にレコーディングさせてもらった音源がコチラ
そして先日に引き続き10代バンドも登場。
こちらは打ち込み+歌のユニットで自作のトラックが
「音楽好きなんだな~」というセンスの良さ。
転換中のBGMを最近お気に入りの、というか
我々の世代、このメンツで感激しない訳がない
このアルバムにも「買いました!」と反応してくれたナイスセンスな
エレクトロペディア。ライブはやっぱり歌をライブハウスで歌うっていう
圧倒的な経験不足が出たライブでしたが、色々と練習して
また戻ってくるのだ~!!待ってるぞ~~!!!
そして楽しみだったのは吉祥寺からMUSHSでした。
このバンド、実はアウトブレイクスタッフのタムが所属するバンド。
普段働いてる姿しか見てなかったので色々新鮮。
バンドも確かなバンド体力に裏打ちされた強いライブでしたね。
ギターのアレンジが素晴らしく、今っぽいのに嫌味の無い
ロックバンドでございました。
全体のリズム感のシャープさを弦のカッティングや
ドラムでどこまで引き出せるかが勝負のような気がしましたね。
最近のバンドは凄く細かく刻んでくるので、そのシンクロだったり
逆にそれがガチャガチャしちゃてバンドのドーン感を損なったりするので
そういったアレンジの妙を追求して欲しいな。
あと、最近PAやってて思うのはドラムのシンバルを
そんなに強く叩かなくてもよくね?って事です。
シンバルだけやたらうるさいDrさんが多くて
もちろん盛り上がって小節の頭でドーン!と叩きたい気持ちは
解るんですが、どうも大きすぎる気がするんですよね。。
曲のピークでガッシャンガッシャンやりすぎると
その音って当然ボーカルマイクに超かぶってるので
めっちゃくちゃ外音がキンキンして迫力が薄まる事が
最近多かったな~~~
両手両足でバランスよく鳴らすってのは
重要なのではなかろうかい
そう考えるとドラマーってやっぱり凄いわ!!!
なんであんなにバラバラに動くのだろう。。。
昨日のラストはテコの原理も登場。
6月にレコ発を自主企画で行う彼等。
場所は勿論四谷アウトブレイク、今から楽しみだ。
あのバンドが発するライブ感というかバンド概念、音楽との
向き合い方は僕の知らない世代の新しい答えだと思う。
世代は違えどそれを見逃しちゃいけないな、と
いつも目が話せず応援したくなる凄いバンドだ。
ちなみに昨日は不慮の事故でアコギのネックが折れてた。。。
じゃ、四谷で。