今夜、四谷の地下室で。

ライブハウス四谷アウトブレイク店長が日々起こる事やバンド活動についてなど色々書いてます。

PA長沢生誕祭フィニッシュ!&写ルンです30周年!

という訳で昨日は四谷の守護神、PA長沢さんの
52歳(!)の誕生日でございました。
ここ数年恒例になっている長沢企画は
長沢さんが中学生の頃にロックと出会ったレジェンドが
大集結という、とんでもないお祭りです。
しかし、すごいよな。中学生でロックに触れて
PAってかっこいいな~!と思ったその原因の人と
30数年の時を経てこうやって一緒に仕事するって
どんだけ胸アツなんだろう。
このライブハウスに限らず色んな音楽現場で
PAという過酷な仕事をやってきた長沢さんの
プロ根性に乾杯です、いや~まだまだ元気。
ライブハウスとPAってご存知のとおり
切っても切れない、重要な関係性があります。
ライブハウスの超重要な音という部分を
1まとめにお願いしている訳ですから
そりゃー大切なんですよ。
その辺の事をnoteにまとめてみました。
・・・と思ったけどあまりに膨大なんで
今度まとめてみますわ・・
読みたい人は励ましのお便りを下さいね。
んで、このPAさんってのは職人さんですからね。
己のこだわりもあるし、専門知識の塊ですから
ブッキングチームとの意思疎通やバンドさんとの
コミニケーションが超大切なんです。
よくあるライブハウスの「あそこ音悪い」とかの
トラブルって大抵この意思疎通がうまくいってない場合が
多いのです。という訳でPAさんってのは
「音をちゃんとだす!」という仕事と同時進行で
「バンドとの信頼関係を築く」もやらなきゃいけない。
しかしリハーサル時間がそんなにある訳じゃないし
結構難易度高いんすわ。
そんな中、守護神長沢さんはバンドからの信頼も厚い頼れる存在。
アウトブレイクは年代もバラバラ、ジャンルもバラバラなんで
この辺の対応力というか説得力はアウトブレイク
好き勝手にやるには絶対必要なピースな訳です。
ま~11年あると色々喧嘩もしましたけどね(笑
最後、みんな帰って掃除も終わってラスト1杯いくか~って
ゆいちゃんと3人で飲みに行ったんですけど
「俺はなーいつ死んじゃうかもわからないから
今やれることはやらなきゃいけないんだよ・・・」
とから揚げ食べながら言ってましたよ。
生涯現役、かっこいいなと思いました。
同時にしんみりしちゃって、色々考えちゃった。
その後長沢さんはタクシーに乗って帰るんですけど
去り際に窓をウイーンってあけて
「ポーーーー!!!!!!!!」
って奇声を上げて帰っていきました。
うん、全然かっこよくなかったです(笑
お誕生日おめでとうございました。
そして重大なお知らせ1本!!!!!
あのなつかしの写ルンですが、今年で30周年!!!
そのプロジェクトに佐藤が少し参加させてもらってます!!!
http://fujifilm.jp/personal/filmandcamera/utsurundesu/promotion/lf30/

ライブハウスの色々を撮影してお届けしますね~!!!
お楽しみに!!!!!!!!!
じゃ、四谷で。