今夜、四谷の地下室で。

ライブハウス四谷アウトブレイク店長が日々起こる事やバンド活動についてなど色々書いてます。

DJダイノジ ジャイアンナイト ロックンロールに殺されたいVol.1 おしまい!

昨日はずーーっとワクワクしてたイベントでした。
去年から色んな縁あってダイノジ大谷さんと
一緒に仕事をさせてもらう機会が増えまして
そんな中「イベントやろうぜ!かまそうぜ!」と
誘ってもらって実現した1日でした。
四谷初登場、恐らくこんな機会がなければ
出会うことはなかったかも?という素晴らしいバンドばかり。
LINK
hotspring
THE BOYS&GIRLS
LINKて!!!!胸アツすぎです。
個人的には最後WiLD HEARTS話できてよかった。
そしてこのブッキングが進行するなかで
アウトブレイクからもお勧めバンドを」
という話をもらいましてね。
ええ、それこそ本当に10バンド位ですかね
僕が自信をもっていいぞ!!ってバンドの資料を
どかーーーーって渡してプレゼンして。
その時は「ロックンロールに殺されたい」ってタイトルもなくて
でも出演者は絶対に間違いないぞ!っていう内容で。
そしたら「ドブロク!!かっこいい!!呼びたい!!!」と。
ガッツポーズですわ。あの決して派手じゃないメッセージの塊
ライブハウス全員のプライド(いい過ぎか)が
響いてくれたのである。
ミーハーな気持ちを隠さず言おう。
俺の好きなバンドが好きな芸能人に認められたって
どうしても嬉しいんだよ!!!!!悪いか!!!!!
と、まぁそんな事情がありましてね。
個人的にも気合の入った1日だったわけです。
しかもタイトルが後から決まってこれですから。
ドブロク知ってる人は解ると思うんですが
絶対にロックンロール!!って叫ぶタイプじゃないでしょ。
それこそ、そういった人達から1歩離れて
淡々と自分の中のドラマを紡ぐ人な訳です。
一瞬、ヤバイか?と思ったんですけど
信じたんですよ。僕は、僕の感動を。
ドブロクの音楽に揺さぶられたあの感触は
僕は20代ちょっとまでアホみたいにロックンロールを
貪り食っていたあの感触とまったく一緒だったから。
ジャンルとかの話じゃなくてね。
僕にとってのロックンロールとは感動できるもの全般だった訳で。
そばに寄り添ったり、蹴り飛ばされたり、一緒に笑ってくれる
そういうもんだったのでね。
こればっかりはトラウマみたいなもんです。
ロックンロールは信じる対象だったのですよ。
という訳で僕は僕とドブロクを信じて昨日の夜を泳いだ。
PAをこの日は俺にやらせて欲しいとシフト調整して臨んだ。
ドブロクをアウトブレイクで一番かっこよく聞かせる事が
出来るのは自分だという自負があるから!!言い切る!!
結果、どうでしたでしょうか?(笑
それはあの場所に居た人が感じてくれた事が全部なので
自分にはちょっと解らないんだけど・・・
俺はやりきったぞ!!もちろん全バンド!!!!
お客さん、みんな良い顔してたから多分、大丈夫だったはず!(笑
ライブハウスの魔法・化学反応・奇跡etc・・・
色んな言い方があるけどそれは全て
お客さんとバンドのキャッチボールであり
そこにちょっとした企画者の思惑とかドラマが
絡み合って生まれるもんだと思っています。
うん、昨日はそんな夜でした。
DJ中何度も何度も
「ライブハウスは楽しいんだぞ!」と叫んでくれた大谷さん。
エアギターの途中でPA卓まで来て小声で
「店長も一緒に」と言ってくれた大地さん。
お客さんと一緒に最後まで盛り上げてくれたスタッフの皆さん
大変なスケジュールの中出演してくれたバンドの皆さん
親愛なる四谷スタッフ、ありがとうございました。
そしてあの日来てくれたお客様。
みなさんのそのセンス間違ってないぜ!
我々がこれから先それを証明していきましょう。
STAY TUNE!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
じゃ、四谷で。