今夜、四谷の地下室で。

ライブハウス四谷アウトブレイク店長が日々起こる事やバンド活動についてなど色々書いてます。

ライブハウスのサイクル

昨日は夕暮れのサーカスズのレコ発を
アウトブレイク企画という形でお手伝い。
アウトブレイクでレコーディングされた
アルバムなんで、わざわざ四谷でやってくれました。
うん、嬉しい。
昨日はPAもやってフル稼働。
差し入れにメンバーあやさんが鎮痛剤を。
歯痛に絶えながらゴリゴリやりました。
我ながら良い音になっていたと思います。
低音が歯に響いたけど、手加減なしで
がんばりました。脂汗が大変だったけどな!
しかし、ライブハウスでレコーディングして
ライブハウスでレコ発してってサイクルは
僕にとっては非常に理想的であります。
もちろんその先に、しっかりと経費をかけて
レコーディングスタジオで録音するっていうのも
超大事。あの感覚も忘れてはいけない。
ただ、限られた時間と予算で
売れる枚数や集客を考えて
一番バンドに負担が少なくて
活動のモチベーションが上がる事を
選択できるバンドっていいよね。
僕はライブハウスなんてもっと便利に
活用できる場所であるべきだと思う訳です。
こうやっていろんな人と関わっていく中で
まだまだ僕はこの地下室の可能性を
信じ続けています。
深夜は再びレコーディング。
発売の方法も含めていろいろと作戦を練って
バンドのその時のベストを形にしたいと思います。
インディーズバンドがCD盤を全国リリースする意義ってのが
日に日に細くなっていくなかで
じゃー俺はなにが出来るんだろう?と考えた結果
局所的にしっかり売って、次の展開を見出すという
形や勝負をかけた超全国展開。
はたまた次回作につなげるパス的なリリース、と
色んな引き出しが増えてきたように思います。
たくさんのバンドの成功と失敗を一緒に共有してきたから
発見できる事もあるんだよな。
あの日流した悔し涙は、今のバンドの糧になっております。
アウトブレイクを経験してきた全てのバンドに
改めて感謝する夜となりました。
と、真面目に書いているのは
未だに歯が超痛いから。
今朝も駆け込みで病院いってきましたが
痛み収まる気配なし。
いや~まいった。本日の主食、ロキソニン
いっぱい飲んだらダメなのわかってるけど
「おくすりのんでもよくならない」
のです。ぬおーーーーーーーーーーーーー
そして昨日は恐らく、今年初めてお酒を飲みませんでした。
精神衛生上も大変によろしくない。
この調子だと今夜も飲めない、大変にまずいです。
本日の佐藤は薬が効いている時だけ仕事をする
ロキソニン廃人となっています。
ヤク中ってこんな気分なのかな~、そりゃ辛いわ!!!!!!
じゃ、四谷で。