今夜、四谷の地下室で。

ライブハウス四谷アウトブレイク店長が日々起こる事やバンド活動についてなど色々書いてます。

四谷アウトブレイク×ドブロク×シブヤプロダクツ科!

先生ってほど大袈裟なもんじゃないですが
本日はドブロクと一緒に日本デザイナー学院の
シブヤプロダクツ科にお邪魔して授業みたいなもんを
してまいりました。
大袈裟に言えば、佐藤先生です。
ドブロクというバンドを知ってもらって
生徒の皆さんにTシャツを企画してもらい
各自が作ったものをメンバーに
直接プレゼンしてもらうという内容です。

前回はドブロクを知ってもらうために
資料を渡したり、YOUTUBEみたり。
そんな回でした。
そして今回はみんなが各自ドブロクを分析して
それぞれの視点で切り込んでくれました。
とても嬉しく、頼もしかったので
折角だから全部紹介しちゃう!!!!

ついでにデザインを語る資格まったくなしの
俺が感想まで書いちゃうぜ!!!!!!

1.jpg
須藤雅樹 作
ドブロクのスリーピースに主点を置いた
シンプルなデザイン。
スピーカーがバンド仕様じゃなくて
オーディオ仕様なのは狙いかな。
これをギターアンプとベースアンプに
したら良かったかも。
2.jpg
泉佳汰 作
ドブロクのバンド名の由来でもある
努力 文学 労働 苦労を
イラスト化したデザイン。
某有名デザイナーを連想させるけど
どこかファニーなのが良いですね。
ベース原田さんは
これを最終選考に残してました。


3.jpg
渡部早也香 作

オリジナルキャラとしてリッスンボーイを
作ってくれました。ヘッドフォンでバンド感を
演出しております。
メンバーはこのリッスンボーイの
ネーミングに大うけ。
リッスンボーイ、一寸法師で韻をふみ
メモってました。新曲で採用なるか!?


4.jpg
小倉美乃里 作

今回、多くの生徒さんからドブロクのイメージに
働くおじさんが聞きそうという意見が。
おじさん!!という言葉に我々戸惑いながら
18歳とか19歳にしてみたらおじさんか・・・と
現実を直視いたしました(笑)
手書きのロゴはネクタイと原田さんのメガネを
あしらったもの。この字体の雰囲気凄くよかった。

5.jpg
白倉若菜 作

今回唯一の2年生という事で完成度高い!
ドブロクロゴを見事に可愛くしあげています。
特にトートバックの方はこれは売れる!!
とメンバー談。たしかにクオリティーは
あたま1つ抜けてましたね。
レコードをミチーフにしたTシャツも
バンド=レコードという発想がシンプルだけど
あたりでした。
ベースのさっさんが最終選考にチョイス


6.jpg
藤木和香奏 作

今回一番変わった場所にプリントしたデザイン。
大きくドブロクが英語でかかれています。
ただ、bが思いっきりdになっていて爆笑
こういう時も強気でデザインです!と
押し切れるパワーが欲しいですね(笑)
いったもん勝ちみたいなところがある世界です
ぜひもっと悪い事を覚えてください。
メンバーの似顔絵は少年時代の本人達みたいで
すごいよかった。なぜか照れてるメンバーが印象的。


7.jpg
黒田らん 作

やはり、大人なバンド(notおっさん)という
イメージが先行していた彼女は
おじさんの影をドブロクロゴに見立ててデザイン。
このジャムおじさんみたいなのが
とても影を背負っていてストーリーを
感じさせてくれてスマッシュヒット。
Laundryなんかのテイストが強いけど
そこにそこはかとない闇を感じられてナイス。
佐藤、最終選考にチョイス。


8.jpg
菊池しほ 作

ドブロクの69にかけて時計モチーフ。
Tシャツに大きい丸っていうのは
それだけでデザイン性が高くて
モチーフの選び方が秀逸でした。
時計の針がやはりおじさんになっていて(笑)
もっさりとした感じを傘でイメージ。
彼女の中のドブロクを見事表現していました。


9.jpg
山口茉里子 作
くまがマイクをもってる可愛いしあがり。
しかし今回一番の話題をかっさらったのは
その裏のデザインでした。

S__2359316.jpg
本人曰く、ライオン。そして東京タワーに
ドの文字がつきささってるとのこと。。。
て、天才や!!!!!!!


10.jpg
さにこ 作

こちらも授業中元気だった彼女らしいデザイン。
商店街にドブロクの歌詞やタイトルを
これでもかと並べた意欲作です。
色々と調べてくれたんだな、と関心。
おまけにサイン用のスペースまで
作ってあって売る現場がしっかりと
想像できているのが素晴らしかったです。
その気遣いの細かさに感動して
ボーカルカンジさんが最終選考にチョイス。

11.jpg
そでは異様にかわいい兎!耳が
トブロクになってました、惜しい!!

12.jpg
八木史織 作

ドロっとしたイメージという新しい解釈で
目玉がドロンとなっていました(笑)
僕達では絶対に出てこないデザインですね。
今回いろんな作品を見て思ったんですが
音源と資料とYOUTUBEを与えて
そのバンドのイメージは?って聞くと
本当に人それぞれなんですよね。
ライブを見に来てもらって、その感想から
さらに作り出す作品も見てみたいと思いました。

14.jpg
で、僭越ながらお気に入りのTシャツを
選ばせて貰ってパチリ。

しかし、この時点で作ってもらった作品が
クライアントに選んでもらえた、もらえなかったで
はっきりと白黒がついてしまう世界。
残酷でもあり、こっちも心苦しい!!!
でも先生はこの経験がいいんだよ、と。
実際のプロ現場いったらこんなの
しょっちゅうですからね。厳しい世界です。

皆さん、まだまだ頑張ってくださいね=!!!

そしてこんな機会を与えてくれた中根さんにも
超感謝です、ここで先生をしつつも
三茶でギャラリーをやってるアイデアマン。

ギャラリー世田谷233

お近くの方はぜひ、楽しいですよ!!
そういえば印刷ギグも中根さんが
きっかけだったんですね。
色んな面白い事を発信する人は
やっぱりすごい!!!!!!

これからも面白ネタお待ちしております。

じゃ、四谷で。