今夜、四谷の地下室で。

ライブハウス四谷アウトブレイク店長が日々起こる事やバンド活動についてなど色々書いてます。

人生の通過点

ライブハウスで働く。に限らず労働するってのは
一生この仕事やってくぞ!!って仕事と
どんどんステップアップしてくぞ!!っていう
通過点としての仕事があると思います。
自営業の飲食店とかは前者だし
テレビとかデザインとか、そういった職種は
後者という勝手なイメージを持っています。
とはいえ、仕事の質は変わらず
その場その場でしっかりと努力と結果を
残さなければ未来が無い訳で。
なにが言いたいかと言うと
ライブハウスってのは1部の人間を除いて
「通過点としての職場」
な訳ですよ。変な意味じゃなくて
絶対に卒業していく場所なんです。
だからこそ、限りある時間を皆一生懸命に
頑張ってくれて、給料が安かろうか拘束時間が
長かろうが、健気に尽くしてくれる訳です。
その気持ちに一生の仕事としてライブハウスを
選んだ奴は絶対に応えなきゃいけないんですよ。
使い捨てたらいけないんです。
それは演者もスタッフも一緒なんだよな。
という訳で昨日は深夜にウチの若手達と
久しぶりに飲み倒して撃沈。
ここが最高の通過点になって欲しいし
なんかの間違いで一生の仕事と思ってくれたら
店長は全力で守っちゃうからな。
じゃ、四谷で。