今夜、四谷の地下室で。

ライブハウス四谷アウトブレイク店長が日々起こる事やバンド活動についてなど色々書いてます。

足りない 足りない 致命的になにかが

マイスペースとかオーディオリーフとかあるじゃないですか。

これ僕巡回するのめんどくさくて嫌いなんですね。

で知人の日記とかでお薦めをチェックするくらいなんですけど

http://www.myspace.com/acousticladylandmusic

コレは久しぶりにヒット!とてもかっこよろしいです。

ええ、マンスリー締め切りに追われた現実逃避です。佐藤です。

さてさて昨日はDNA7とCool Runnningsのレコ発でした。

Cool Runnningsはセンスがすごい良くて末恐ろしいニューカマーです。

もあの若さでギターロック云々っていう枠を外しかけてるのが凄い。

ここ最近思うのは本当に10代とか20歳位のバンドマンって

とんでもないもの持ってたりします。ごく稀に。

それを見逃さないように注意深く、真剣に見つめなきゃなぁと

思ったりしました。あ、俺今日真面目な話をしていますね。

DNA SEVENも良い感じに汚くなっててよかったなぁ(笑

これは凄く偏見なんですけど、ここに書いたら怒られそうですけど

ポップなバンド程「華と毒」を必要とするバンドはないと思うんです。

じゃないとどんどん流されちゃって誰もに気に止めてくれないと

思うんですよ。これは偏った考えかもしれないけど。

そういう意味でDNA SEVENはちょっと一皮むけたような気がしました。

もっとガチャガチャやっちゃってください!!

おっと、なんか偉そうな事をいってしまったので

どうしようもない話を1つ。

昨日も結局朝まで店にいて飲んでいたわけですが

ズボンのsocial windowが全開でしたね、焦りましたね。

そんな時に限ってパンツの色ピンクですからね。

また明日。