今夜、四谷の地下室で。

ライブハウス四谷アウトブレイク店長が日々起こる事やバンド活動についてなど色々書いてます。

良い話聞いて感動してるだけじゃダメよね。

もう読んだ人も多いはず、もし読んでないバンドマンは
是非一読してもらいたい内容です。
シングルを売る事、バンドを繋げて行く事
ロックンロールの事
そして、先日のミュージックステーション出演の事
をみっちり書いています。
ハイスタ世代としても心熱くなる物がありますが
やはりライブハウス店員として、これから沢山のバンドと
話をしたり相談に乗ったり、乗られたり
どうやったら音楽で俺達がハッピーになれるのか?を
切実に書いています。
まだ10代だった頃の僕達は色んなバンド仲間と
「誰かが売れたら、そいつが俺達をひっぱりあげようぜ」
「俺、超有名になったらさ絶対でかいステージに呼ぶからな」
とか、そんな夢の話で朝を何度も迎えたもんです。
今、基準はさておき世のバンドマンからは「売れてる」という
立ち位置にいるミュージシャンがこういう考えを持ってくれていて
実行しているというのは、胸アツ以外のなにがあるんでしょうか。
そして同時に「なんで誰もやってね~んだ」という怒りにも読めます。
何故このステージに上がって来てないんだ?と。
今までは「そりゃ、知らんわ~」と言ってた人が
シーンを見渡した時に「こりゃダメだ」と1つ下のステージに降りて
教育っていうか指導っていうか、僕達の歩く道を舗装し始めたような
そんな気分になりました。
嬉しいし頼もしいし誇らしいけど複雑。
俺達もなんかやれるだろうよ!
おい!バンドマン!ライブハウスマン!!
かっこいいな~ すごいな~ 良い話だな~
で終わらせる話題じゃないぞ。
アイドルもアニソンもEXILEも凄いけど、やっぱりバンドが
好きな訳じゃないですか。そしたらやっぱり
バンドでドカーーーン!とやりたいですよね。
まだまだ、やれるぞー!!!
じゃ、四谷で。