今夜、四谷の地下室で。

ライブハウス四谷アウトブレイク店長が日々起こる事やバンド活動についてなど色々書いてます。

音楽との距離感

昨日は実にハッパーなイベントでございました。
普段は会社でバリバリ働く皆さんが
楽器を持ち、子供を連れてライブをするという
素晴らしい内容。
普段まっくらなライブハウスですが、この日は
客席も常に明かりをつけて
キッズスペースを確保し、禁煙にして
カレーも食べれて、お菓子もあって
ソフトドリンクは飲み放題だぜ!という1日。
先週の日曜日はユンボが開場を動き回り
獅子舞が舞い踊りノイズが鳴り響いていたというのに・・・(笑)
でも、皆さんの楽しい顔を見ていると
やっぱりライブハウスでこうやって遊ぶの
とても楽しいな~と思うわけですよ。
音楽で食っていくんだ!という強い意志のもとに
自分達の表現を徹底的に追及する人もいれば
平日のストレスをとっぱらう為に来る人もいる。
楽しむという点において、上も下もなくて
そういう所をボーダレスに受け止める事のできる
ライブハウスがいいよなぁと思いました。
皆様長丁場おつかれさまでしたー!!!
キッズのみんなもありがとーーー!!!!
音楽との距離に正解も不正解もなく
やっぱり楽しい事したいよね。
そして苦悩しながらその音楽を楽しくしていく
バンドマンにはやっぱり全力で応えていかなくちゃ。
しかしこれが、自分の事となるとまったく解らなくなるから
不思議なもんです。俺は音楽でメシを食ってるのか?
それともまったく別の物でお金を稼いでいるのか?
楽しい事だけやってたいのは無理だから
たのしいことばかりありますように。と願いましょう。
じゃ、四谷で。