今夜、四谷の地下室で。

ライブハウス四谷アウトブレイク店長が日々起こる事やバンド活動についてなど色々書いてます。

ライブハウス店員飛び降り事件。

物騒なタイトルにつられた皆さんこんにちは。
四谷アウトブレイク店長の佐藤です。
昨日は昼~朝までドタバタと。
ダイノジ大谷&大地さんのお笑いライブと
DJイベントをぶっとおしでやってました。
テレビに活動の場がある人達の
お笑いというのはオーディエンスとの
共通項をひたすら見つけ出して
そこに自分のエキスを垂らして笑わせる作業。
そしてテレビにはあんまり出演する事のない
地下芸人は自分の屈強な個性を
ぶつけて新しい価値観を観客と共有するという
作業のような気がしてきました。
どちらもプロフェッショナルで素晴らしい。
月と太陽、光と影?(笑)
新しい世界の仕組みやルール、熱量を
どこまでも追い続けていきたいもんです。
そんな中、僕はちょっと抜け出して両国へ。
両国サンライズのブッキングひとみちゃんが
お店を卒業という事でそのラストライブシリーズ。
おいおい教バンドとしてギター弾いてきました。
この日はDrにサダボー(普段はベース)
スペシャルゲストにひとみちゃん本人を
ベースとして召還しました。
ギター相方には安定のサンダーさんの特別編成。
いつもどおり120%おいおい教でお届けできたかな。
ご覧頂きました皆さんありがとうございました!!
6月9日は教祖の生誕祭ワンマンが四谷アウトブレイク
あるので是非!是非是非!!遊びに来て下さいね!
教祖がとんでもない事考えてますんで!!
そしてやっぱりサンライズは良い会場でした。
ステージも整理整頓されてて、中音もスッキリ。
スタッフも元気いいし、一体感ありました。
お勉強させてもらいました、おい。
そしてタイトルに戻ります。
ライブハウスの店員ってのはですね、
別に大変じゃないんですよ。
朝9時から働いている皆さんの方がよっぽど
大変だと思うんです。
というか、仕事なんてもんは大変で当たり前。
当たり前なんです!!!!!!
が、しかしです。バンドもやって夢も追って
ライブハウスで裏方やるってのは
大変なんですよ!!!!!!!(泣)
うはは、どっちじゃい!っていうね。
僕はアーティスト活動なんてしてませんから
裏方120%、まったく葛藤もないんですけど
(おいおい教は布教活動・ロックンロールサービスは草野球です)
昨日の主役のひとみちゃんなんかは大変だったんじゃないかな。
ライブハウスは常に人手不足です。
そして0から丁寧に仕事を教えて育てるほどの
体力がある店もそんなにないんですよ。
できれば即戦力、すぐにバリバリと数字をだせる
制作だったり仕組みを理解してくれる現場スタッフだったり
ライブハウスの空気感・さじ加減を理解してくれる
受付/BARスタッフだったりが欲しいに決まっています。
そうなるとどうしてもバンドマンに頼らざるをえない。
彼らはライブハウスのエキスパートですから。
友達バンドを呼べばブッキングできるし、その場の空気感を
誰よりも理解しています。
知り合いも増えるし、経験もつめるし、ライブも見れるし
コネも増えるかもしれない。自分のバンドにフィードバックできるんじゃないか。
そんな思いを胸に「ウチで働かない?」というお誘いに
夢たっぷりでうなずく、と。この構図がとても多いと思います。
そして、それは別に悪い事じゃないんです。
事実として自分のバンドに沢山恩恵があるし
楽しいし、夢も腐るほど転がっています。
可能性だらけなんです、そこらじゅうにあるんです。
もう、ゴロゴロと。
だから多すぎてそれを全部拾えないんですよ。
毎日毎日取りこぼしてしまう可能性と夢がある。
好きなバンドを呼んだのに客いないとか、
こんな最高のバンドなのになんで売れてないの?とか
お客さんやバンドとのやり取りが上手くいかないとか。
その取りこぼしてしまった可能性ってのを
ライブハウスで働きたい!って人は
とーーっても後悔するんですよ。
ちょっと角度を変えればそんなもん当たり前だし
いちいち気にしてらんないんですけど
自分がバンドマンである以上、そのとりこぼしを
許せなかったりする訳です。
そして日々店を営業すると言う事は
常に何ヶ月もの先の出演者を探して
企画を組んでいなくちゃいけません。
バンドマンってのはこの継続的なプレッシャーに
向いていない人種だと思っています。
例えばとても大きな大舞台に向けて
集中してその日に爆発する力って
バンドマンは本当に凄い持っています。
でも永遠に続く「企画せねば」という
強迫観念にも似た仕事のプレッシャーには
めっぽう弱い。
自分の創作活動でも0を1にしていかなくちゃ
いけないのに仕事でも0を1にし続けなくちゃならんのです。
周りの目も気になります。
店の事を頑張れば頑張るほどに
「あいつは店を利用して自分のバンドに
得になる事ばっかりしている」
っていう人が増殖してきます!!
これ嘘みたいだけど本当なんだよ!!
まるで螺旋階段でございます。
グルグルグルグル。
そこから飛び降りてしまうライブハウス店員に
我々ライブハウス経営者はなんて言葉を
かければいいんでしょうか。
昨日も最後までひとみちゃんにかける言葉が
みつからずゴニョゴニョして帰ってしまいました。
大変な事も多かったと思いますが
これからの音楽人生や老後の良い経験に
なったはず。俺が「最近サンライズ、ライバルだなー」と
考えていたのはひとみちゃんの影響が大きいのです。
飛び降り事件と書いたけど
1つ別の角を曲がっただけですね。
またどこかの交差点でお会いしましょう。
全てのライブハウス店員に幸あれ。
じゃ、四谷で。