今夜、四谷の地下室で。

ライブハウス四谷アウトブレイク店長が日々起こる事やバンド活動についてなど色々書いてます。

あるはるか、ワンマン終了!

昨日は待ちに待った、あるはるかワンマンライブ。
無事に大盛況で終了。
「ミュージシャンになりたいです。」と明確な
意思表示を旨を張って宣言してましたね。
プロとアマの境目とか
自分達の価値とか
音楽をお金に換えていく事とか
お客さんを沢山呼ぶとか
バンドマンには色んな価値観があって
その全てが正解で間違えで勘違いです。
だからこそ自分達を自分でしっかり
信じて、両足で地面を蹴って進んでかなきゃならない。
理屈じゃないんだよ、自分を救えるのはやっぱり自分だけ。
昨日のあるはるか、というバンドは
1つの夜をコツコツと作り上げて
それを沢山のお客さんに披露して
音源を届けて、笑顔を作って
ついでに言うとギャラを貰って帰っていきました。
この輪をもっともっと大きくしていって欲しい。
その為に僕たちはなにが出来るんだろうな。
なんというか、とても自分勝手なんですけど
彼女達のこれからの「ミュージシャン」としての変化が
誰を幸せにするのか見届けたいと思っております。
しかしDrのコマツちゃんは2曲目演奏中で既に
泣いてしまい「はやいだろ!!」とツッコミながら
僕もなんだか泣けてしまって、困りました。
じゃ、四谷で。