今夜、四谷の地下室で。

ライブハウス四谷アウトブレイク店長が日々起こる事やバンド活動についてなど色々書いてます。

その背中に

昨日はドドーン!とスリーマンライブ。
結構楽しみにしていたメンツだったので
ワクワクでしたーーー!!!!
まずはROYALWE。
四谷ストーナーロックを代表する
ドDEEPなスリーピースが昨日から
鍵盤&マニュピレーターを加えての
4人編成となっておりました。
ドロっとした感じが薄れたぶん
より浮遊感を増したサウンドは
元のメオrヒーが素晴らしかったバンドの
個性をさらに引き伸ばす結果に。
これがこなれてきたら、暴走するんだろうなぁ・・
とても楽しみであります!!
そして初登場のガーターヴェルト。
渡部俊介×サカキバラケンでギターを弾いている
たっくんのバンドに初登場して頂きました。
躍らせるに特化した職人芸とも呼べるバンドサウンド。
ここまで徹底したら否応が無しの説得力。
さすがでしたね~。ここからコアなファンを
どうやって勝ち取って行くかは、フィールドが
拾いだけに凄く難しいんですけど
なんかやってくれそうな予感です。
次回も楽しみにしております!!!
そしてラストは我らがスランキーサイド!!!
アウトブレイク10年の歴史の中でも
かなり深く関わっているこのバンド。
リリースも一緒にやってきたし、なによりも
ライブハウスの先輩として学ぶ事多数です。
スランキーは今年25周年だそうですから!(笑
ひぇー。永遠の大先輩!!!!
昨日もギターアンプ・ベースアンプと大量の
ヴィンテージ機材をガシガシと下ろして
他のバンドのライブもしっかりと見てて
自分達のライブもアンコールまでバシっとかまして
打ち上げは誰よりも最後まで飲み倒して
あの機材を自分達でガツガツ積み上げて帰っていきました・・・
その背中にはやっぱり無言のエールを
感じずにはいられません。
ああいうバンドにきちんと信頼してもらえる
ライブハウスで有り続けたいと思います、オス!
じゃ、四谷で。