今夜、四谷の地下室で。

ライブハウス四谷アウトブレイク店長が日々起こる事やバンド活動についてなど色々書いてます。

スピード感

ここ数日、キャリアの長い短いに関係なく
曲のスピードについて話す機会が多くありました。
バンドがやっていて気持ちいいスピードって
案外アテにならないんですよ。
気持ちいい=演奏がしやすいって事です。
もちろん無意識になんでしょうけど、必ずしも
その楽曲の事を第一に考えてじゃ無い場合もあったりします。
じゃあ一体なにを基準に決めりゃいいのか?と。
やっぱり歌だと思うんですよね。
そのバンドのメロディーをどれだけ引き出せる
スピードか。これをバンドでしっかりと
発見&共有できるといいな~と思っています。
昨日も新年感謝祭6DAYS3日目。
ロックンロールを中心としたラインアップで
そのギリギリのスピード感を全員が模索していました。
それでもやっぱり天王洲アイルのスピード感たるや。
演奏と言葉のテンポがしっかりと合うと
言葉ってのは本当に遠くまで飛ぶんですな。
それで初登場のハルカカナタがこれまた凄かった。
楽器の鳴らし方を熟知した三人による
隙間を見せて、埋めて、鳴らして、歌ってと
チームワークが兎に角素晴らしい!!!!
シンバルがめちゃくちゃ綺麗に鳴ってた。
叩く人が違うとあんなにも音が違うのか!!
凄くいい歌をいい状態で届けるバンドでした。
だからこその課題をクリアしていけたらいいな、と
勝手に思っております。
充実の夜。
さ~本日4日目、濃厚だ~~~
じゃ、四谷で。