今夜、四谷の地下室で。

ライブハウス四谷アウトブレイク店長が日々起こる事やバンド活動についてなど色々書いてます。

壁を越えるのはユーモア。

という訳で昨日は霞鳥幻楽団の企画でした!!!
実に9割が白塗りバンド!!!!!!!
このシーン、四谷にありそうでなかったので
お話を貰った時にめちゃくちゃ嬉しかったのです!!
台風にも負けずお客さんも来て頂いて
本当にありがとうございました&お疲れ様でした!!
いや~|かっこいいバンド盛りだくさんでした。
白塗りバンド=ビジュアル系って訳じゃないんですよ。
なんというか、非常にコミカルな白塗りシーンでして(笑)
ロックバンドの正しい遊び方というか
いろんな概念そのものを笑い飛ばすユーモアが
ありました。その中にビジュアルの様式美みたいな
ノリ方を足した非常に優秀なエンターテイメント。
う~ん、考えてるなーすげーー!!!!
最後までとっても楽しかったです。
その中でも唯一の白塗りじゃないバンドは
シキゾクゼクウでした。
なにげに初めて??だったのかな??
ボーカルのシキちゃんの強烈な個性を
させる凄腕ミュージシャンの合計4人。
う~~~ん、うめぇ!!!
特筆すべきはメロディーラインのスピード感。
あの歌声がどんどん加速していく感覚は
純粋にかっこいい。ゆえに言葉がどんどん
すり抜けてしまってひっかかってこないのが
勿体なかった、本人ともじっくり話しましたが
その塩梅をマスターしたらすげ~事になると思う。
楽しみです。
なんというか、最近思う事が多々ありまして
誰かと仲良くなるとか、誰かに感動してもらうとか
色んな人の共感を得るとか、自分と他者の
1つの壁を飛び越えるのは(僕の場合)やっぱりユーモアでしか
ないのかな?と思っています。
昨日はそんなユーモアがあふれてました。
楽しかった!!!!!
じゃ、四谷で。