今夜、四谷の地下室で。

ライブハウス四谷アウトブレイク店長が日々起こる事やバンド活動についてなど色々書いてます。

【発見】バンドが最初に作る物販はコレがおすすめ!

昨日は朝から学生イベント!フレッシュ!

まぁ床で寝てて思いっきり学生に起こされるという

店長にあるまじきスタートだったんですが(笑)

はい、タイトルです。

グッズを作りたいけど、なにを作ろうか?って

悩んでる人にはぴったりな日記です、今日。

長いけど頑張って読んでください。

えー結論、手刷りのTシャツ。

はい、結論これです。おしまい。

Tシャツ

ボディーもまずはこの辺で十分。

1枚¥340位。サイズも適当に20~30枚を用意します。

これにA3のデザインを作ります。

プリントサイズはでかい方がそれっぽい。

デザインできない、という人は友達か

俺を頼りましょう。誰か紹介するか、俺がやる。

デザイン料は交渉次第、頭を使おう。

例えば9/22のイベントTシャツ、こんな感じ。

T.jpg

これを浮間舟渡にあるUKIMA FACTORYという工場に持っていく。

アウトブレイクの印刷ギグを全面的にサポートしてくれている

頼もしい場所、最近は絵描きの光君がここに居るので

色々サポートをしてくれる。

そんで、こういう機械で作ったデザインを版にする

わずか数分でシルクスクリーンの版ができる。

140918_120514.jpg

あとはひたすら持ってきたTシャツ

(工場に直送しておくと手ぶらでこれるぞ)

を自分で刷っていくのです。やり方は教えてくれます。

インクも色んな色があるぞい。

140918_120514.jpg

うりゃ!

Bxy1TTUCAAAX1eT.jpg

うりゃ!うりゃ!!

刷り終えたTシャツは専用のアイロンで1分乾燥させて

あっという間にできあがり。

140918_122714.jpg

たまにかすれたりするのも味。なにより楽しい。

大体3時間弱で30枚を1人で印刷する事ができます。

価格はインク/版合わせて8000円弱です。

つまりTシャツ30枚が2万円位で作れます。

1枚¥1500で販売すれば、余裕で元がとれると。

言ってしまえばTシャツじゃなくてもいいんです。

古着にだろうが、Yシャツにだろうが、パーカーにだろうが。

バックでもいいし、アイデア次第。

なによりも、一番俺がいいな!!と思ってるのは

安価に少量で作れるということ。

デザインも次回量産する時は変えてしまえばいいのです。

(版は基本的に使い捨て)

僕の意見としてインディーズバンドのグッズって

出来上がった瞬間から鮮度が失われていきます。

なるべく早めに売り切って、次のグッズ/新しいデザインに

移行するのが得策だ思うんですよね。

去年大量に作って余ってるTシャツなんて

誰も欲しくないじゃないですか。

最近の安い洋服屋みたいなもんですよ。

流行のデザインをパッと作ってパッと売り切る。

そんで次のデザインにいく。

この流れがバンドにもいいんじゃないかな=と

思っているのです。

ほらほら、まずは行動。

4人バンドだったら1人5000円と3時間の

労働で30枚Tシャツ作れるんだから。

次回のライブで売ってごらんなさい。

やりたい!って人は僕に連絡頂戴ね。

もしくは自主企画限定で売ってみなさいよ。

さらに裏技で受注生産ってのも有効なんですが

それはまた今度にしましょう。

で、ここが忘れちゃいけないんですが

浮間舟渡は赤羽から2駅です。

終わったらTシャツ抱えて立ち飲み屋にGO!

最高の気分で夕方をフィニッシュできますよ!

まぁ、むしろそれがしたくて

やってるようなもんなんですけど。。

じゃ、四谷で。