今夜、四谷の地下室で。

ライブハウス四谷アウトブレイク店長が日々起こる事やバンド活動についてなど色々書いてます。

バンドは音楽だけやってちゃダメ?

ぬふふふ、どうでしょうねぇ(ニンマリ)

昨日はUPANSADとGYPSY CANDLEとアウトブレイク

共同企画でした。四谷シーンの中でも

王道かつ本格派なロックを鳴らす2バンド。

俺が普段ギャーギャーいってるエンタメとは

ちょっと違う方向を向いているバンドです。

企画も音楽バンドのみ、ギミックなしで

ドシンと構えた企画内容となっておりました。

僕はその中に今イチオシの「テコの原理」を投入。

ジャンル180度違いながらも見事に会場を

制圧してトップバッターを終えた彼等は凄い。

今年来年で必ずや力ある大人の争奪戦になる事でしょう。

今のうちに沢山四谷に来てもらう予定です。

お時間あるかたはチェキ!

で、タイトルです。

口べたで無骨なロックンロールってやっぱり

かっこいいじゃないですか。昨日で言うところの

GYPSY CANDLEなんかはそんな感じなんですよ。

MCほ殆ど居れずに畳み掛けてくる男です。

で、そんな彼等がどうやったら広がっていくか?って

考えたら音楽的なジャンルでいえば流行じゃない訳で。

かといってMCで笑いをとって距離を近づけるタイプでもない。

営業とよばれる全ての行為が苦手な訳ですよ。

そもそもそんなん得意ならバンドやってね~よ、とさえ

言いそうな奴等です。不器用な典型的バンドマン。

そんな愛すべきバンドマンに我々は何が出来るのか?と

ライブ終了後にバンド達と色々話をしておりました。

そこで1つの結論が。

だったら音楽だけじゃなくて、その場所も作っていくのが

いいんじゃないのかな?と。

昨日は通常D代¥500で飲み放題という

四谷お得意の赤字スタイルで臨みました。

その結果として友達と飲みに行く延長線上に

みんなのライブがあって、さらにその先に

打ち上げという遊び場が待っている。

昨日はこの方法論が結構成功したんですね。

ならばこのセットでお客さんを呼び込んで

リピートしてもらうのが得策かな、と。

実際にこのパターンだと普段ライブハウスには

こないけど騒ぐのは好きだよっていう

ライブハウス利用者予備軍を呼び込みやすかったんです。

バンドは音楽だけやってちゃダメか?

僕はそれでもいいと思うので、その他の事は

ライブハウスの人を頼ってください。

一緒に考えて、一緒にやろう。

苦手なことは手伝うから、こっちの苦手な部分頼んだ!

じゃ、四谷で。