今夜、四谷の地下室で。

ライブハウス四谷アウトブレイク店長が日々起こる事やバンド活動についてなど色々書いてます。

因果応報

色んなものは巡るって話だな。

昨日は色々とテンテコマイ。

自分の失敗もあったり、納得いかない事もあったり。

久しぶりにドシンと落ち込みましてグッタリ。

それでも出演してくれたバンド皆さんと

たくさん遊びに来てくださったお客さんの

パワーを貰って最後はハッピーな気分でした。

皆さんありがとうございました!!

俺も昔、悪い事したツケがこういう所に出るんだな。

どうかアイツラにも悪い事が起きますように(ケケケ)

なんちゃって!!なにより自分のせいです。引き締めます。

色んなものは巡るって話をしています。

で、約束したので皆さんに1作品ご紹介させてください。

昨日出演してくれたSVENISHのアルバム!!!

shine_your_bush-300x300.png

実に真面目な男子5人による日本語ラウドロックバンド。

ロディアスなリフとキャッチーな日本語詞の歌は

お茶の間すらもターゲットにしたディストーションサウンド。

ずばっと言えばメタルなのに悪い子感一切ナシ!!

自分からすると「もっと不良になれよ!」とさえ思ってしまう

この感情は彼等の作戦にハマっている証拠なのか。

高い演奏力、メタル/ラウドのツボを抑えた曲展開。

この手のバンドは失礼ながら教科書的なアプローチゆえ

結果として「どの曲も同じに聞こえる」事になりがちだが

このアルバム、全11曲聴いてなかなかに個性があって面白い。

また、メンバーの面構えがいい。

名称未設定 3.jpg

みよ!親孝行してそうな好青年達を!!!!

こういう誠実な人間がやるラウドなロックが

あってもいいじゃないか!!

全編日本語歌詞と言う事もあってリアルに

彼等のメッセージが伝わってくるのも良い。

各曲毎にボーカルの処理が違っていて

こだわりも凄く感じる。作品としての完成度が

高いからこそ、ライブでの差異をファンは楽しめるだろう。

その反面、変なメジャー感が出すぎていて

自分のようなインディーズサイドの人間には

すこし物足りないのも正直な所。

この調和の取れた5人のアンバランスさを

恐れずに前に出せた時にSVENISHの

個性が爆発するような気がする。

2014年、期待なり。

じゃ、四谷で。