今夜、四谷の地下室で。

ライブハウス四谷アウトブレイク店長が日々起こる事やバンド活動についてなど色々書いてます。

目の前をロックする。

さ~僕自身、まだ見にいけてないんですが昨日の告知どおり
新宿タワレコとライブハウスのキャンペーンが
今日からスタートしている!!!(はず!!!)
CD屋店員ってのはとても忙しい職種なので
多少前後するとは思うが、そんな感じです。
昨日のお知らせは沢山の人が見てくれたり
「おい、ちょっとこれ読んでみろよ」って
お友達に伝えてくれたみたいで感謝です。
こういう時にどうやってお礼をしたらいいのか
解らないので、「これ見てみろよ」とか
「これ俺のオススメだから」とかあれば
メールでもtwitterでもFBでもお知らせください。
俺も全力でみんなのメッセージを受け取るよ!!!
いえい。
そして昨日はなんだか四谷らしい1日でした。
本当にジャンルもバラバラなバンドが集まって
お客さんの入りは正直寂しくて、反省だったんですが
最後のDICEが終わって皆でニコニコ飲んでる姿を
見てちょっとだけ安心しました。皆さんありがとう。
全然人いないんだけど、損したな~と
お客さんにもバンドさんにも思わせない1日の
作り方って、出演者とライブハウスのつながりの濃さが
とても重要な気がします。
昨日も各出演者は気を使ってくれてフロアで
一緒に盛り上げてくれていたし、ライブだって
いつも以上にガッツリとやってくれた。
そういう出演者の皆さんに甘えてばっかりじゃ
いけないんですけど、昨日はそういう意味で
十二分に甘えてしまいました。
僕も事務作業をほっぽりだして、フロアの1人に
なって過ごしました。
ブッキングは進まないんだけど
目の前のロックはロールしたので
よしとすることにした。
そんな中、四谷のパーティーパンク隊長の
キャプテンクーコッチは本当に素晴らしかった。
みんなを巻き込んでのライブ。
人なんて居なきゃ居ないなりにやるしかない!という
振り切り方。それをしっかりと自分達だけで
完結させずに周りと一緒になるってのを
選んでくれたのが凄いな~と思いました。
ボーカルの松下さん、コーラスのアゼガミさんは
役者としても活躍中です。そういう感覚もあるんだろうな。
特にアゼガミさんは何度もここに書いていますけど
本物のコメディー女優。僕が思春期の時に出会っていたら
まちがいなくストーカーになっていたでしょう。
おっさんでよかった。
今日はスタッフ中野くんの企画中。
フレッシュな新しい風が四谷に流れているのを感じます。
じゃ、四谷で。