今夜、四谷の地下室で。

ライブハウス四谷アウトブレイク店長が日々起こる事やバンド活動についてなど色々書いてます。

佐藤の演奏時間25分推奨説。

昨日はカラス79との共同企画
Get Live Tonight Vol.1でした!
ご来場頂きました皆さん、ありがとうございました!!
一昨年~去年ずっと一緒に企画を1年やってきて
フルアルバムを出して、じゃ2014年どうする?
って話をしていた時に、彼等の口から
「今度は音楽だけじゃないものをやりたい」
と話がありました。
多種多様な四谷のシーンでもカラス79は
どっちかというと古典的なロックンロールを
体現していたバンドです。
この話は僕にとっても意外でした。
では、四谷らしくお芝居をいれて転換中は
紙芝居をやってもらって。さらに演奏時間は
25分と短めにテンポよく終わらせて
その後の打ち上げの時間も長めにとろうよ、と。
そんなこんなで昨日。
各出演者の協力もあり、一日の流れはテンポ良くすすみ
トリ前にお願いした劇団「乱雑天国」によるお芝居も好評。
最後のカラス79まで非常にスムーズに進行しました。
フードにはグリーンカレー。これもカラス79の手作りです。
先日名古屋の春日井さんから譲っていただいた
スパイスも大活躍、おいしかったーーー!!!
で、結局朝まで飲んで飲んで、愉快な夜をすごしました。
で、昨日のライブをやって思った事。
ずっとぼんやりと考えていた事ではあったのですが
大前提として1バンド持ち時間30分って
長いんじゃない?という事です。
5分短くして25分で丁度いいんじゃないかな~と思っています。
短くなってしまった分バンドは1曲削らなくちゃ
いけないから不満だとは思うんですが、これそんなに
見てるほうにはマイナスにならないんじゃないかな~と。
それよりもテンポ良く進めてもらうことで
途中で帰るお客さんが少なくなった方が
出演者にはメリットあると思うんですよね。
で、打ち合げの時間をしっかりととる事で
色んなコミニケーションの広がりも出てくるはずだしさ。
バンドとしても、ちょっと物足らない位の感じで
終わらせちゃった方が次に繋がる気もするし。
なにより、「初めてのお客さんにアピール」するにあたり
30分というプレゼン時間はあまりにも長いよな、と。
もちろんチケット買って見に来てくれるお客さんを
満足させる時間は必要なので、
それを考えても25分が丁度良い気が、する。
それと同じくして音楽というコンテンツの限界も感じます。
今、俺がイベント組むぞ~~!ってなったら
ロックバンドのみで構成するって発想はもうほぼないです。
間になにか違う種類のエンタメを挟みたくなります。
これは音楽がダメ!なんじゃなくて、ライブハウスで音楽を
最高に楽しむ為には必ず色んな種類の楽しさを
ミックスする必要があるからです。
昨日は見事にそれを実践できた気がします。
動員はそりゃ100人超えしたかったけど(笑)
ライブハウスはもはや音楽だけをストイックに
楽しむ場所じゃないんですよ。
FOODあっていいじゃないですか
ちょっと外でてコーヒー飲んでもいいじゃないですか
合間にお笑いライブあったって、お芝居あったって
ちょっと友達と喋りこんで1バンド分見逃したって
遊びに行く予定が近所の居酒屋に入り浸っちゃって
アンコールしかみれなくったって
いいんです!!!
それを全部含めてライブハウスなんだから。
乱暴ですけど、最近そんな事をよく思っています。
それとは矛盾して、やっぱり毎日バンドマンと
音楽に救われている自分がいます。
サンキューミュージック&バンドマン・バンドガール!!!
さ!!やっと告知解禁となりました、アウトブレイクレコーズの
6月の新作はBoard Soleのフルアルバムです!!!
レコーディングもPVもアウトブレイクで僕と一緒に。
動画は本当はプロの方に頼みたかったんだけど
色んな都合でみんなで深夜にワイワイと撮影して作りました。
予算と時間が限られているなら、せめて気持ちだけは
無限大に仕事をしたいものです。
そんな気持ちはたっぷり込めたアルバムです、買え!!!!
じゃ、四谷で。