今夜、四谷の地下室で。

ライブハウス四谷アウトブレイク店長が日々起こる事やバンド活動についてなど色々書いてます。

GOLDEN COILレコ発終了!!!!

ここ数日で音楽系炎上ニュースが4件ほど。

かっこわるー!ってのもあれば関係者の

気持ちを察したら第三者でさえ怒りたくなるような

内容のものもありました。

昨日明け方にちょっと呟いたらMAGUMIさんから

返信きてビックリした!!!

でもそれ位ミュージシャンと音楽会社の関係って複雑。

ただ、やっぱり夢ある話で話題に上って欲しいわなぁ。

そういう意味でもスルーすればいいのか。

@boone4649 それ、無視するところじゃないんか?と、予想!

MAGUMI (@magumi1963) 2014, 2月 12

そっか、そういう事か!!!

失礼いたしました。。。

さて、昨日はヒトシ企画。今年のアウトブレイクを支える(予定)の

男が盟友GOLDEN COILのレコ発を作ってくれました!!

古きよきライブハウスのあの空気をもっと四谷に

盛り込んでいくと意気込んでいます。

これからは僕と一緒に1日を作っていく体制でがんばって

もらいつつ、ステージ・照明も覚えてマルチに働いて

もらおうと画策中です。皆さん宜しくお願いします。

GOLDEN COILもほんと味わい深いバンドになってきた。

最初から歌のピッチに難ありだったんだけど、それを

押し通して味になりつつある、これは凄い個性だ。

そしてニューアルバムのタイトルは「Our lives were here」。

多分ほんの僅かしかこの題名の先にある

物語を想像する事はできないんだと思うけど

思わずグッときた。選曲も含めて、憎い演出だ。

音楽というエンターテイメントには時折その裏側に

ある物語を含んで感動したり、興奮したりする事がある。

甲子園しかり、オリンピックしかり、プロレスしかり。

なにかを一所懸命やってる場所にストーリーはつきものだ。

そして僕はそのストーリーに心を持ってかれていってしまう。

純粋に音楽のみを楽しんでいる事自体が少ないとさえ思う。

ライブに行くときは近所の飲み屋とか、久しぶりに会う友達も

楽しみだし。CDを買うときはバンドのそれまでの

過程を想像して、意気込んでCDショップに駆け込むんだよな。

そして昨日はそんな物語をたくさん見せてもらいました。

(主にどんぐりフラッグの成田さんが打ち上げて

いきなり全裸になって、コップにおしっこして

さらにそれを一気飲みしたところ。)

じゃ、四谷で。