今夜、四谷の地下室で。

ライブハウス四谷アウトブレイク店長が日々起こる事やバンド活動についてなど色々書いてます。

せつせつと。

日付変わっちゃったからおとといか。2代目一条さゆりさんの四谷最後の舞台が ありました。非常に美しく、はかなく、寂しく そしてやっぱり美しい。
踊り子さんのラストを目撃するというか 立ち会うというか、その場に居る事が 初めてだったのですが やっぱり「人」を見る「人」に感動いたしました。
リボンを投げる方。 開始3秒で号泣する踊り子さん。 遠藤ミチロウさんも駆けつけてましたね。 何人ものお客さんから涙&涙。
僕はといえば、今までの一条さんとの かかわりを1から思い出しておりました。 初めて会ったのはロフトプラスワン。 その後アウトブレイクでイベントをやって頂いたり 一緒に大久保でご飯たべたり、怒られたり(笑)
いつも凛としていて、ビシっとしていて。
アウトブレイクが音楽以外のエンターテイメントに 積極的に関わっていくきっかけになったのも やっぱり一条さんでした。
最後の最後まで受付やって、踊って、フード作って 出演者用のご飯も用意してくれていて、最後は精算もして 颯爽と帰っていきました、いつもどおりに。
かっちょいいなぁ。
俺がもし、いつか引退って言葉を使うときは こんな一日でありたいなーと。 1日たってさらに感慨深く、なんつーか
かんつーか
雪です、こんな夜にぴったり。
じゃ、四谷で。