今夜、四谷の地下室で。

ライブハウス四谷アウトブレイク店長が日々起こる事やバンド活動についてなど色々書いてます。

リアルアンプラグド

まずは宣伝! ちょっと前にインタビューなんて受けちゃってですね、
http://www.livewalker.com/pickup/2243_outbreak.html
読んで頂けたら嬉しいです。 これだけ読むとどんなアングラ箱じゃい!って 思われそう・・・反省・・・ でも、ほかのライブハウスと差をつけなきゃ!と 考えてたらこんな結果(笑)ま、いっか。
宣伝おしまい
今年で6回目、年に1回・秋の始まりを告げる恒例企画。マイク一切なし、フロアライブ。お客さんは桟敷席で 靴を脱いで座っていただきます。
毎年、この日にしか会わない人も出てきたりして(笑) 続けるってのは、やっぱりそれだけでなにか 特別な意味を持つのかなぁと思ってしまいます。
人の話声も、演奏も、ライターの音も 全ての音が一緒になるっていう。 ま、凄く普通の話なんですけど それがライブハウスでは非日常というか。
BGMもなくて、ちょっと寂しいんだけど 1つ1つの音が意味あるっていうか 普段麻痺していた感覚がこの1日で すっきりするんですよ、毎年。
生音に敵うものなし。
本当はもう!生音じゃムリ!!みたいに集客が できればいいんだけど、まぁそこはそこ。 今回も来たお客さんは100%ウクキで帰って くれた事に自信と誇りをもっています。 皆様ありがとうございました!!最高だったー!!
ぼ~っとしてれば音ってどこからでも 流れてくるんですけど、自分で手繰り寄せた音って ちょっと特別なんだよね。それをみんなに知ってもらいたい。 それこそがライブハウスの使命だと勝手に思っているんです。
じゃ、四谷で。