今夜、四谷の地下室で。

ライブハウス四谷アウトブレイク店長が日々起こる事やバンド活動についてなど色々書いてます。

スピードのおはなし

昨日はみゆき企画!!本人も会心の出来だったようで良かった。

お客さんもいい顔してたな。

京都からきたサモナイタチがカッコよかった!!

僕の勝手なザ京都!なバンド。

1行でお客をノックアウトする

暴力的なインテリジェンス。

まさにそのまんまの、どえらいカッコよさ!

しびれた=====!!!!

打ち上げ後にまだ飲み足りないみたいだったから

どげんに連行して「ここが四谷です!」と

ビールを1杯一緒に飲んで退散。

嗚呼、もっと飲んでいたかった。

というのも夜中にお店に1本の電話。

新宿御苑の秘密(でもない)のBAR「浮かぶ

からお電話が。なんだろ、店にかかってくるのは珍しい。

「飲みきなよー!」

電話は我らがサブカル兄貴、僕の永遠のアイドル!

ダメ人間の頂点!男の夢を追い続けるtagさんでした。

なんと、僕が結局今年も行けなかったBurinig Manに

今年参加した猛者でございます!!

もう、そりゃ面白い砂漠バカ話を聞いてゲラゲラ笑いました。

美味しいご飯も頂いて、日本酒(美味しい雑炊)も頂いて

幸せな夜だったぜ・・・

で、タイトルに戻ります。昨日も出演してくれた

CHARTREUSEとも話をしていたのですが

本来、自分達が演奏している曲のスピードって

実はちょっと早いんだと思うんです。

昨日の彼等の前半の演奏が素晴らしくて、なんで

こんなに変わったんだろう?と思ったらやっぱり

スピードを少し遅めにしたらしいんですよ。

それはBPMとしても、雰囲気としてもだと思うんですけど。

ちょっとだけゆっくりやると、歌が歌になるんですよ。

これ最近凄く色んなバンドと話すんです。

結構真理かも、と最近思っています。

で、これは曲だけじゃないんですよ。

自分のスピードと、自分のまわりのスピードを

見極めるのが凄い重要だと思うのです。

自分の今、求めているスピードの世界に

身を置く事の重要さという事です。

昨日の主催のみゆきちゃんは、まぁ波乱万丈な

人生を歩んでいます。彼女にぴったりのスピードの

環境ってのがある訳ですよ。

本日企画してくれている看板娘ゆい嬢のスピードってのもある。

僕はやっぱりこのスピード感でしか生きることが出来ず

だからこそ「浮かぶ」みたいなゆっくりとした場所で

たまに(できれば毎日)プカプカしていたい訳です。

スピードが違いすぎると飲み込まれたり

行き過ぎたりして、結局「ひとり」になっちゃうもんね。

俺達は最後の最後まで孤独なんだけど

「ひとり」になっちゃいけないと思うんだ。

なんかで読んだ、忘れちゃったけど

「人と繋がっていなさい、そして孤独でいなさい」

うる覚えだけど、凄いいい言葉だなぁ。

じゃ、四谷で。