今夜、四谷の地下室で。

ライブハウス四谷アウトブレイク店長が日々起こる事やバンド活動についてなど色々書いてます。

ようこそ!俺んちへ!!

いつも全日本プレス加工のユンボ安藤さんが開口一番、ライブのはじまりに叫んでくれる言葉。

これ、嬉しいんだよなぁ。

さっきも言ってた。今、丁度最後の曲をやってる。

昨日は花道ナイト。いつもは縦に花道を組むんだけど

横にしてみた。花道感は減ったけど

ステージ広くなって面白そうだったな。

嘔吐リバースとボインランドリーという

超協力な2組が前半戦を。

緻密に組み込まれた笑いはさすが。

音楽をエンタメするには色んなやり方が

あると思うんですけど、どの中でも

ボインランドリーは演劇派。

嘔吐リバースはネタ派なんですよね。

演劇は30分流れるような構成で

ステージを組むのが凄いかっこいい。

ただ初見の人には息をつく暇がなくて

集中させられないのが弱点。

ネタ派は爆発力があるんだけども

その後にプレイする曲がその爆発力を

ひきづれないと飽きられてしまう。

そのバランス感覚の上手なバンドが

フロアの空気を一気に熱くできる魔法を

かけられるんだよな、うん。

そして昨日はそんな中、超正統派ロックンロール

カイザーストロングバーツが登場。

下北屋根裏・JAM直系のピュアなロール&ロール

バンドです。四谷初登場なのに、こんな所に・・・って

思ったけどやっちゃいました。

ロックンロールをエンターテイメントとくくるには

僕はちょっと無理があるなと思っています。

でもたくさん笑った後の気持ちと、すげぇロックンロールに

震えたあとの気持ちはまったく一緒なのを俺は知ってる。

楽しくてハッピーで勇気が出て

お酒が進んで、大切な人と会いたくなるんだよ。

昨日はそんな夜でした。

じゃ、四谷で。