今夜、四谷の地下室で。

ライブハウス四谷アウトブレイク店長が日々起こる事やバンド活動についてなど色々書いてます。

信じている。

うーんと、恥ずかしいけど「自分を信じている。」
例えば初めて来た街の中で 美味しい飲み屋さんをみつける力。
ぱっと見てこの人は面白そうと 思ったその直感。
失敗ばかりして、落ち込んだときに ヘッドフォンから流れてくるマイプレイリスト。
色んな場面での自分をただひたすらに 信じている。それだけで今まで生き抜いてきた。 昨日もそんな夜でした。
実は四谷の街を一度出て隣町の千駄ヶ谷と代々木に。 そこで出会ったbonoboというお店。 古い一軒屋を改造してライブもできるスペース。 オーナーさんがオーディオマニアで見た事もない 真空管アンプやスーピーカー、立体音響OKの すげぇシステム。いや~めちゃ音良かった。
それもフラフラ歩いていたら、おっす!って声かけられて 俺もオッス!ってそのまま軒先のイスに座ってさ(笑 なぜかビール出てきて、「良い風ですね~」とか喋って。 あまりに自然な流れすぎてびっくりしました。
http://bonobo.jp/
ほんと凄い空気がゆっくりと流れてた。 なんちゅう場所だ。そしてなんちゅー出会い方だ。
ロックのライブハウスにいるとハングリー精神が美徳と される場面が多々ある。貧乏こそロックだという趣がある。 お金持ちに本当のロックはできないと、ロックで成功して バイトしなくても良い生活を手に入れたいと思ってる人がいる。
でも、最近思うんだよ。
先天性でお金持ちの人っているじゃん? なんかの超ラッキーでお金持ちになった人っているじゃないですか。 そういう人にしか作る事のできない楽しさってあるんだよ。 昨日のbonoboを見てそう思いました。
オーナーは近所に住んでいてあのスペースを昔は 愛人にやらせていたそうです。で、愛人が出て行って 今度は面白そうな人間に任せて営業しているそうです。
うははは、自由だなぁ(笑)
でもそういうバイブスに久しぶりに漬かって だいぶリフレッシュ。お金持ちって面白い事やるよなぁ。 代々木・千駄ヶ谷って街もさ。なんかオシャレっぽくて嫌い だったけど、ああいう場所があるとしって驚きました。
で、そこのお店の人も言ってたんだけど 地域の皆さんとの交流が一番大事だってさ。 やっぱそうなんだよ。そういう事なんだよな。
一気に親近感。 やっぱ、俺は俺を信じてる。
じゃ、四谷で。