今夜、四谷の地下室で。

ライブハウス四谷アウトブレイク店長が日々起こる事やバンド活動についてなど色々書いてます。

チャンピオンの悲劇

昨日は深夜に最終金曜日恒例のBAR営業「BAR MODERN FREAKS」でした。

虫食い芸人の佐々木孫悟空さんや

デブドルオペラ歌手D門さんとかが集う大人のBAR営業。

カルト芸人・地下芸人からクセモノなお客さんで

にぎわう週末の非日常空間でございます。

昨日は下-1グランプリ優勝の横須賀歌麿呂さんも登場。

後半にユンボ安藤さんを交えてのトークコーナーでは

涙無くして語れぬ話が・・・!

音楽ライブやお笑いの舞台、はたまた演劇から映画まで

全てのアーティストの芸事を見る時に僕はどうしても

その芸の後ろにある彼等の生活を見てしまいます。

楽しみ方として無粋なのは判っているんですが

底抜けに明るい笑いのなかの哀愁をみてしまうんです。

昨日の横須賀さんのエピソードはまさにそれ。

あんなに酷い下ネタを連発しながらも、その裏にある

終わりない悲しみを見てしまいました。

バンドマンにもそうですが、自分の表現で自分を救う

自浄作用ってのが激しく働いている人がいます。

横須賀さんもまさにその姿。なんつーか胸にきたな。

やっぱり芸人、すごい。

じゃ、四谷で。