今夜、四谷の地下室で。

ライブハウス四谷アウトブレイク店長が日々起こる事やバンド活動についてなど色々書いてます。

ライブハウスの魔法

超現実主義です。

目の前にあるものしか信用しません。

両手で掴めるものだけが俺のすべて。

現金だいすきです。

そんなぼくですが、ことライブハウスに関しては

魔法が存在することを信じて疑いません。

俗に言うマジックといいますか、奇跡といいますか。

単純な話をすると、一日の出演者・スタッフ・お客さんが

1つにまとまった瞬間、その瞬間に働く奇跡ってのがあるんですよ。

自惚れじゃなくて、そのバンドの240%のポテンシャルを

引き出す事ができる環境、昨日のアウトブレイクにはそれがあった。

共演者同士の理解、スタッフの出演者に対する愛、前売り料金を

支払って入場したお客さんの満足度、どれも手に取るように

解りやすく明確にその場に存在してましたね。

あの場所にいた人間だけが共有できた魔法。

この魔法が使いたくて、俺はこの場所にいるんだと思う。

いや~凄い夜でした。

手前味噌ながら抜群の音響、寸分の狂いもなく攻めてくる照明

笑顔一杯受付、ギター相談所バーカンと四谷イズムしかなかった。

素晴らしいスタッフ。こんど飴ちゃんでもあげような。

なにかが動き出した音がする。

じゃ、四谷で。