今夜、四谷の地下室で。

ライブハウス四谷アウトブレイク店長が日々起こる事やバンド活動についてなど色々書いてます。

DRUMMER'S HIGH!

って事で昨日はドラマーによるドラム祭。

色んなドラマーが趣向をこらしてドラム&ドラムな日でした。

和太鼓とのセッション

ストイックにひたすら高速ドラムソロ

エンタメ要素を取り入れたコミカルなドラム

三味線とのコラボ

シーケンスを駆使したダンスミュージック

とまぁ、色々ありますな~~~。

ドラマーの個性が出てて面白かった。

で、色々考えていくとやっぱり「普通」ってのは

難しいよね。普通がダメとは言わないけど

あまりにも溢れすぎてて、競争に勝てないんだよな。

さぁ、明日の夕方から時間が空いたぞ。

翌日の仕事も昼からだ!さ~て遊ぼう!!

って言ったらさ、どうするよ?

①1人で遊ぶ

②友達・恋人を誘う

の2択からはじまって延々と色んな選択肢を

通り越していく訳でしょ。その最後の最後に

「ライブハウスにライブを見に行く」ってのがあれば

なんとかOKな訳で。。。

いや~~~ハードルたけぇなぁ!!改めて!!!(笑)

俺ならとりあえず、どっかに飲みにいくもんな。。。

それで携帯いじりながら誰かライブでもやってね~かな~

でも面倒だし、このまま飲んじゃうかな=とかザラだもんね。

そういう意味でも、普通じゃないってのは重要だ。

普通のブッキングライブよりも自主企画の方がお客さんが来るし

レコ発だ!なんて言えばもっと来るかもだし、、

さらに解散ライブ!なんて言えばほんと、人くるもんね。

でさ、それが普通じゃないって事でもないんだよね。

そこには義理人情とか、計算とかさ、

多少なりとも働いてたりするんだよ。

じゃ~普通じゃないってなんだろか?

自分の答えをさがそう。

じゃ、四谷で。