今夜、四谷の地下室で。

ライブハウス四谷アウトブレイク店長が日々起こる事やバンド活動についてなど色々書いてます。

現代ライブハウス入門

ライブハウスがこの世に生まれてから今ほどに

「ライブハウス」をテーマにした話題がバンド・お客さんから

発信された事はあっただろうか。

僕はいい事だと思ってます。色んな人が

自分にあったライブハウスを探すのって楽しいじゃん。

バンドもまた然り。音楽業界どーのこーのって前に

目の前のバンドとお客さんがまず楽しんでくれないと。

それが音楽業界の末端の役割ってもんだろうに。

そこに真剣にならなくて、どーすんだ我々。

で、昨日はタイトルずばり「現代ライブハウス入門」です。

これは僕が企画したんじゃなくてね、生生生生~soulcube~って

バンドさんの企画なんですよ。

ちょっと説明をさせてもらうと

このバンドは昨日が初ライブ・初企画。

メンバーさんにいたってもほとんどが生まれて初めてのライブでした。

そうです、彼等は普段ライブハウスに足しげく通うお客さん。

そのお客さんがバンドを結成して企画をしたんですよ。

その動機が凄い。

「普段ライブハウスに来ることのない自分達の友達に

かっこいいバンドのライブを見せたい。ライブハウスに

お客さんを呼びたい」

これですよ。もうね、泣けてくる。

自分達が熱狂するバンドをもっと多くの人に

教えたい、友達に紹介したい。とはいえ

「あのバンドかっこいいからライブにきなよ!」

と言った所で来てくれるかとい言ったら難しい。

ならば自分達でバンドをやれば来てくれるだろうと。

そしたら自分達の好きなバンドも見てくれるだろうと。

良いバンドを見て楽しいライブであったなら

またライブハウスに来てくれるんじゃないかって。

もちろん本人達も大いにバンドを楽しんでやってますよ。

ちゃんと前編オリジナル曲を作ってきましたよ。

それにしてもこのスタート地点でのライブって

俺のは初めてのケース。そんなにライブハウスを好きで

いてくれて俺が言う事じゃないけど、ありがとうございます。

ありがとうございます。

そしてこの日は通常の1D¥500という制度を見事に破壊して

1枚¥100の金券を8枚お客さんにお渡ししました。

ドリンク・フード・バンドの物販と全てそれで購入できます。

これはある意味勝負なんですよね。

ドリンク飲んでもらえなくて全部フードとか物販にいかれちゃうと

お店としてはちょっと痛い。いつものドリンクの収入なくなるし。

でもね、結果としては普段より売上ありました。

お客さんが駄菓子屋で100円握る少年のごとく

アレ買おう、コレ買おう、1枚余ったからバンドのステッカー買おうとか

思い思いに楽しんでくれてるのがわかります。

これは面白い試みでした。これが機能する状況もわかりました。

ちょっとまたナニカの企画でやってみよう~~っと。

いやー凄い夜でした。

みんな!ライブハウスをよろしく!

じゃ、四谷で。