今夜、四谷の地下室で。

ライブハウス四谷アウトブレイク店長が日々起こる事やバンド活動についてなど色々書いてます。

ランナーズ・ミュージック・ハイ

昨日は恒例飲み放題!!!

ちょっとトラブったけど、まぁ結果オーライ!!な

四谷マジックが働いた楽しい日でした(笑)

なんちゅーか、色んなトラブルをいかに転じて

面白おかしくできるかが人生の勝負どころよね。

自分の自我・プライドを通すのに俺は重要性を感じない。

もっともっと、先の事を考えたいんだ。

自分のエゴの先にあるって、誰かの笑顔だけだろ?

昨日は僕の中でもロック!!ってよりは

ピアノ&空気感な1日でした。

初登場のねじ巻き鳥クロニクルはこれから

期待大ですな~~~ピアノロック界に新たな

風を吹き込んでくれそうだわん!!

そしてLARKは企画ライブ以後めきめきと

説得力を上げ続けてる。凄い。

来年、一緒に企てる約束をした。やるぞ!

そして久しぶりの水面下ノ音。

その場で進行を組み立てていくkey&シーケンスとドラムの2人組。

あまりのストイックさに最初はマラソンみたいな音楽を

やってるなーすげーなー!と思っていたんですが

久しぶりに見たら、まぁ随分と面白くなってましたよ。

マラソン加減はそのままに、ロックのダイナミクス

だいぶ足してきたなと。そもそも即興性が高いので

昨日は会場の雰囲気もあったし(なんか盛り上がってた!)

そういうテイストになっていったのかな=。

その場でしか見られないライブって意味では

普通のロックバンドよりずっと「生」だよね=。

モチーフは一緒でも同じ曲にならないもんね(笑)

「メロディーとかで普遍性を出す」

例えばロックバンドのみんなが歌える代表曲みたいなね。

そういうのと真逆のアプローチよね。

二人の呼吸を全員に感じてもらって、それを共通項にするっていうさ。

だいぶお客さんに求めた図々しい音楽だ!!!(笑)

だからみんな見に来るんだろうな。

おもしれー。

ランナーズ・ミュージック・ハイ

じゃ、四谷で。