今夜、四谷の地下室で。

ライブハウス四谷アウトブレイク店長が日々起こる事やバンド活動についてなど色々書いてます。

新しいなにかが始まる。

ナマの現場に全然いけてないのですが

今日本語のヒップホップが僕の中でアツイ。

それもいかにも悪そうな奴がやってるんじゃなくて

どちらかといえばこっちよりというか

文系チックなやつらが心の独白をしていくかのような

そんなヒップホップに心を揺さぶられる機会が増えた。

ロックバンドと違って楽器なんて必要じゃないし

その気になれば1人で出来る。トラックを作る

チカラが各テもお気に入りのインスト曲に乗せて

ラップしてしまえばいいのだ。

どんな貧乏人にだって出来る。

この事実は今、世界中で始まってるような気がする。

超ゲットー、貧困の街から生まれるロックバンドは

いないけど、強大なヒップホップリリストは生まれると思うのだよね。

今の日本にはそんな海外みたいな酷い街は

ないけれど、行く先も解らない今の日本の現状から

新しいヒップホップはどんどん生まれてると思うのです。

ま~僕の勝手な妄想なんですけどね。

Moe and ghosts - 新世紀レディ CM

これ凄いよ~。JUKEっぽささえ感じてしまう。

新しい革命はひょっとしたらコッチではじまってるのかも。

もっと沢山知りたい。このムーブメントを体感したい。

むーん。

じゃ、四谷で。