今夜、四谷の地下室で。

ライブハウス四谷アウトブレイク店長が日々起こる事やバンド活動についてなど色々書いてます。

「好きな人が全く参加できないコンテンツが死んでいくのは当たり前。」

これfacebookのページなんだけど皆みれるかな。 http://www.facebook.com/photo.php?fbid=10150918973648935&set=a.122461998934.100548.757278934&type=1&theater 見れない人いたらアレなんで、本人に許可をとってないけど 転載させてもらっちゃおうかな。すいません。。 虎岩さんという方の記事であります。 以下転載です。 ---------------------------
このネタは僕の音楽系のセミナーでここ数年何回も話しているのですが、ちょうどタイムリーな感じになってきたのでまとめておきます。ちょっと長いですが、多分音楽だけじゃなく日本のコンテンツを何とかしようと思っている人には参考になるかもしれません。 海外からアノニマスが絡んできたりして、違法DL実刑が日本の外では「人権問題」として捉えられている事に多少皆さん戸惑っている感もありますがw。ここでは権利の問題ではなくて、この法律の為にどれだけ(大手の方々が)商売のチャンスを逃してしまったかという話をあえてしたいと思います。 ちなみにこの手の話は僕がアメリカの音大では2000年ぐらいから、日本では2006年ぐらからずっとやってきました。 なんか、僕っていつもインディペンデント万歳みたいに思われてますが、こう見えてもwメジャーが作る王道中の王道のバブルガムポップって大好きなんですw。絶対メジャーにしかできない音楽だから。金ガーンとかけて録音して、個人では絶対に使えないような金賭けて宣伝して、バーン!って大勢の人に一気に聞いてもらい、買ってもらう。気持ちいいですよ。絶対w. ちょっと古い話ですが、2010年6月にアメリカのKaty Perry っていうアーティストがCalifornia Gurlsという曲をシングル・カットしました。 さて、まずはこの曲がネット上で最初に「公開」された時youtubeのビデオを見て下さい。5月13日の日付も覚えておいて下さい。 http://www.youtube.com/watch?v=dqMf3W7Y2WI この動画を見てみなさんどう思いますか? EMIのシングルのPVとは思えない貧弱さですよねw。どっちかっていうと作りはネット上によくある「違法アップロード」系の動画です。しかもご丁寧に歌詞まで載せてある。 その通りです。これはPVではありません。ちなみに「オフィシャル」のPVは6月14日に発表されます。Snoopをゲストに迎えて超豪華でした。カッコイイですね。今聴いてもいい曲だと思います。 http://www.youtube.com/watch?v=F57P9C4SAW4 つまりシングルのPVの発表の前に既にこのいかがわしい音声+歌詞だけの動画が上がっちゃってるんです。 当然、世界中でこれを「違法DL」する奴が出てきますね。まだそれだけならまだしも、勝手に二次創作する奴もゴロゴロ出てきます。 まずはバンドバージョンでカバーして、しかもそれをiTunesで売ってるヤツ(笑)、iTunesへのリンクyoutubeに貼ってあります。 http://www.youtube.com/watch?v=J0R_V1RkSDY&feature=related 600万もビュア数を人の曲で集めやがってとんでもないやつでねw。 原曲を使って勝手にオリジナルPVを作っちゃう奴も出てきます。結構数はあるんですが、これはカリフォルニアのイケメンゲイボーイズが作ったヤツで個人的には一番気に入ってますw。ちなみに僕はこのビデオで原曲を知りました。 http://www.youtube.com/watch?v=kelUCEcdO8M 彼らも人の才能で800万もビュア数集めてます。早く刑務所にぶち込んでやりたいですよね。 さらに!原曲の歌詞を書き換えて新たに録音しなおして、PVまで作ってしまうという極悪犯罪人も出てきます。 http://www.youtube.com/watch?v=9WZGyzz5O-U もうこれは「いい音楽」に対する冒涜です!しかも2000万人のも人達がこの偽物を見ている!日本ではこのままいくとこの手のパロディも取り締まれるようになるそうなので安心ですが、、、外国って本当に怖いところですねw でも安心して下さい。日本ではこういう事が絶対に起こらないよう今度の法改正が行われたので、、特に最初にオフィシャルPVの一ヶ月前に音源と歌詞だけを上げちゃったヤツは「実刑」確定です。 さてここからがオチです。結構笑えますよ。 もう一度最初の「違法アップロード動画」を見て下さい。 http://www.youtube.com/watch?v=dqMf3W7Y2WI お気づきですか?これ天下のEMIがアップしてるんです(笑)。Katyのレコード会社が自作自演で違法アップロード「風」の動画をアップしてるんですね〜(笑)。しかもPV発表の一ヶ月も前にw。確かに色々とこの動画には注意書きが書いてあります。勝手にコピーしちゃいけないとか(笑)。 要はEMIとKatyは自分達で著作権をコントロールているという事です。そしてこの曲に関しては「沢山の人にコピーしてもらって二次創作物を作ってもらう」といプロモーション方法をとったんです。だから沢山出てくるコピーやパロディをちゃんと自分達でチェックして泳がせた方が良いものは泳がせる。まず勝手に宣伝してくれるわけで、ここまでビュア数が上がっていればここからの原曲に対してのGoogleからの広告収入もかなりのモノでしょう。 もう一度それぞれの動画をチェックして見て下さい。必ず原曲へのリンクがあります。またほとんどのカバー・パロディアーティストが原曲について動画の説明文で触れています。つまり自分の創作はKatyの原曲ありきだと言う事に対してのリスペクトを示す事で、EMIも暗黙のOKを出す。EMI/Katyにしてみればまだそんなに知名度のない色々な分野のアーティストと一緒に広げてもらう事で下手な広告よりよっぽど信憑性がある広がり方を見せるわけです。原作者と二次創作者の成熟した関係がアメリカのメジャーの戦略から読み取れるというのはあまりにも皮肉ですよね。しかもこれ2010年の出来事ですよw。もう既に過去のことなんです。 で、気になる結果なんですが、 この曲がむちゃくちゃ売れたんです。デジタル・ダウンロード200万超、一週間のDL数が3千万を超えた週が2回も起こるという前代未聞の現象も。キャピタルのアーティストとしては43年ぶりにビルボードNo1最短記録を塗り替えるという快挙付きです。アメリカ以外でも世界中でプラチナムを取りまくってます。要はこの曲は「最近にしては売れてる」というレベルではなくて単純に「圧倒的に」売れたわけですね。英語ですが実績がここで見れますhttp://en.wikipedia.org/wiki/California_Gurls 今回の法改正で、現状ではアーティストやレーベルが自分達で一曲ごとに著作権を管理するというシステムにはなっていないので、日本のメジャーを通った音源に関してはこういった「リスナー、二次創作者参加型のプロモーションは実質上(怖くて)できなくなってしまいました。仮にあるレーベルやアーティストがやってみようと言っても、既に「糸電話現象」で「音楽のyoutubeからのDLは実刑、ましてやメジャーのアーティストの曲を自分の動画に使うなんて絶対捕まる!」ぐらいに国民にざっくり伝わってしまっている以上、プロモーションの効果は残念ながらミニマムでしょうね。僕が今回本当に自分達のクビを絞めたなと思わざるおえなかったのはこのあたりが原因でした。残念ながら今回の法改正でCD・DVDの売上が回復することはないでしょう。ただ非常に面白い、世界では当たり前になっている今の時代を反映した手法も自分達で使えなくしてしまいました。 最近FBで出回ったプロポーズのビデオとか、日本では作る事はもちろん、(ストリーミングでもHDに一度落としているという見方をすれば)見るだけでも違法になりますhttp://www.youtube.com/watch?v=5_v7QrIW0zY 今の時代、それを好きな人が全く参加できないコンテンツが死んでいくのは当たり前。世界中でそれを正そうとミュージシャンを始め、音楽業界が必死になって新しい試みにチャレンジしている。そんな中、日本はこの10月から勝手に参加したヤツは一律に罰するという選択に出たわけです。更にパロディさえも取り締まろうと言う動きが今日本では出はじめています。笑いの文化、二次創作を国が法律で取り締まるようになったらこの国の文化は本当に終わります。二度と北朝鮮を可哀想などと言えなくなりますw。 アノニマスが怒ってもしょーがない事が日本で起こっています。現実に。 ------------------------------ 以上転載でした。 さー皆さんどう思いますか? 知らないってのは罪だ。