今夜、四谷の地下室で。

ライブハウス四谷アウトブレイク店長が日々起こる事やバンド活動についてなど色々書いてます。

サンキュー!レッドクロス!

昨日は夕方にお店をちょいと抜け出して

新宿レッドクロスへ行ってきました。

スランキーサイドに誘ってもらって

僕がギター弾いて踊るバンド

「ロックンロールサービス」のライブです。

まさにバーター!こんな機会じゃないと

レッドクロスでライブなんてできないので

意気揚々、ルンルンでした。

で、ご存知の方も多いと思うんですが

レッドクロスはライブハウス業界の中でも

超個性派として有名です。

一番わかりやすい所でいうと機材。

いわゆる業界スタンダードのアンプ類、

例えばマーシャル・JC・アンペグとか

一切ありません!!!!!(笑)

代わりにあるのは全て特注オーダー品。

かの有名なAKIMA&NEOS製品ですからね。

PA卓もそうだったんだっけ?

とにかく機材に対するこだわりが凄くて。

リハの時もPAさんが丁寧にアンプの説明を

してくれるんですよ。これは中域がでますよ、とか

これはVOXっぽいですよとか。

でどのアンプも1ボリュームなんで

音量を上げたらあげただけ歪むっていうね。

我々みたいな単純なロックンロールバンドには

ありがたい。ボリュームグイっとするだけで

OKだから(笑)

そんでそのアンプの音がいいーのよ。

どれも50W以下だから音量はバカみたいに

でないんだけど、会場の広さにはぴったりだし

なにより、アンプの音がいい!!(笑)

ただ、全バンドマンにOKかっていうとそうでもない。

レッドクロスという会場全てに感じたことだけど

ある意味出演者を選びまくってる会場ですよ。

どこもかしこもレッドクロスイズム。

そのこだわりが生むクオリティーの高さには

色々関心するばかりです。

なんでもやっちゃうアウトブレイクとは

随分方向性が違います。その差がおもしろくて。

スタッフの意識もめちゃくちゃ高い。

それが人によっては「愛想ない」に繋がる危険性も

ありますが、真面目なんですよね全員。

言っていいのか悪いのか、

不器用で真剣なプロフェッショナルを感じました。

そしてそれが好きで集まってくる人の多さ。

すげーなーと純粋に思ったのであります。

個人的にも久しぶりのライブだったし、

けっこうたくさんのお客さんが来てくれまして

前売り買ってお客さんのありがたさを痛感。

感謝、感謝です。

やっぱりたまに他所の店いって遊ぶのは

色んな気持ちがリセットできていいな!!

ありがとうございました、レッドクロス&スランキーサイド!!

打ち上げはほとんど寝てた!

じゃ、四谷で。