今夜、四谷の地下室で。

ライブハウス四谷アウトブレイク店長が日々起こる事やバンド活動についてなど色々書いてます。

いのちが震える

昨日は四谷キャバレーでした。

毎度の事ながら凄い熱気で踊り子の皆さんや

演者のみなさん、そして一条さん。お疲れ様でした!!

いやー昨日は凄かったです。

エンターテイメントっていのちの震える音ですよ。

いや、いきなり何いってんだハゲ!って

思うでしょ。そうなんです、ハゲなんです。

いやいや、そうじゃなくてですね。

昨日のショーは凄かったです。

どの方も本気で本気で。

唄もあれば、踊りもあったし、大道芸もありました。

本人達のプロフェッショナルさも当然ながら

そのいのちの震える感じが凄かったんですよ。

まー言葉じゃ伝わらないと思いますがね!!

脱ぐから凄いんじゃないんだよ。

上手に踊るから凄いんじゃないの。

その人のいのちが燃えちゃうからすごいんだよ。

その震えが会場を支配する瞬間がある。

キレイとかカワイイとか美しいとかエロいとか

そういうのでもなくなっちゃうんだよな。

時にちょっと怖くなるし、時に応援したくなる。

もしかしたらアイドルにハマつ人ってこの感覚なのかしら。

そういう意味では昨日のラストの結奈美子さんと

マドマーゼル修子さん、たけやんさんのユニット

「まなばくだん」がやばかった。

叩きつける鍵盤がまたぶっ飛んでてさー

ストリップで鍵盤って凄く似てる。生っぽくて

繊細で暴力的で美しい。びびったわー

久々に「うおおおお」ってその場から動けなかった。

この感覚、悪いけどロックバンドで最近味わってない。

俺、今ならこっちにお金払うね。まじで。

昨日はそんなわけで、俺は音楽が好きなんじゃなくて

心が震えるエンターテイメントが好きなのだーと思った。

それがバンドでもお笑いでも演劇でも踊りでも

なんでもいいんだよ。

うひゃーそんな表現を全部受け止める

ライブハウスで居たい。それがやりたい。

素晴らしい夜でした、ありがとうございました!!

そしてその後は深夜に新宿アンチノックへ。

印藤さんとサシ呑み。色々と話す。

本気が正解だ。やっていこうじゃないか。

結局BLUEHARBの話と鳥貴族の素晴らしさと

店員の斎藤ちゃんのウブっぽさと

ニューハーフあこちゃんの乱入によって

だいぶ楽しい夜でした。

やるぞ。

じゃ、四谷で。