今夜、四谷の地下室で。

ライブハウス四谷アウトブレイク店長が日々起こる事やバンド活動についてなど色々書いてます。

ライティングの可能性。

昨日はすっかり四谷月曜の顔となってきました

1984 presents paint it vol3でした。

企画をするには決して好条件ではない

月曜日に四谷を使ってなにをしてくれるのか?

そこに僕達はどういった形で協力できるのか?

毎回色々な勉強をさせてもらえるこの企画。

今回は僕はモツ煮こみトマト風を作ってみました。

この日はイスもちょこちょこだしてゆっくり楽しんで

もらえる感じなんでね。無事完売、安心しました(笑)

昨日はトップに弾き語りの松下さんが登場。

なんとベースにスターリン後期を支えた安達さんが!!

わはは、びっくりしたわ!!

そして2番手The Stella Thinkersが面白かったですねぇ。

プロジェクター2台、照明のパーライト1台、

ステージの前と後を覆う巨大布を持ち込んで

照明は全てプロジェクターの映像でまかなうという

完璧主義なバンド。

これが綺麗だった~~!!曲とのシンクロ率も半端ないし

サウンド自体もエレクトロな感じだから合うんですよねぇ。

これ、正直に言ってこのライティングがあるのとないのとだと

ライブの完成度がまったく違う。もはや1つの楽器として

機能しておりました。いや=凄かった。

で、逆を返せば普段、我々はどこまで

ライブの照明に対して気を使っていただろう?という事。

普通にライブハウスの照明スタッフが全バンドの

曲を覚えてる訳ないですからねぇ。

かといって細かい指示を出してもワンマンとかじゃ

無い限り限りあるリハ時間の中では照明スタッフにも

伝えきれない訳ですし。

結局はその会場の照明さんの気合と根性に

かかっているわけで。ちょっと身の引き締まる思いでした。

もちろん、照明関係なくかっこいいライブは沢山あります。

ただあそこまでこだわるとそれは1つの武器だなと思いました。

僕は見に行けなかったですが打首獄門同好会が

以前に歌詞を後ろに映しながらライブをするという

イベントをやってました。これから映像を自分達の

ライブに取り入れるバンドはもっと増えてくるんだろうな。

ライブハウスは取り残されないようにしなくちゃ。

ほんと、そのうち自分達の1軒屋を借りてバンドで

住んで自分達のライブはガレージを改造した地下で

毎週ライブやって動員が増えたら、ちょっと大きい会場を

借りて・・みたいなバンドが出てきそうじゃない?

ん??それはそれで面白そうだな。

じゃ、四谷で。