今夜、四谷の地下室で。

ライブハウス四谷アウトブレイク店長が日々起こる事やバンド活動についてなど色々書いてます。

転換中にムダ音出すヤツは5流

昨日は佐藤が大好きなバンドだけを集めた 個人的イチオシ企画「今夜、四谷の地下室で。」 ちっとも浸透しないけど、このタイトルの日は 普段よりもちょっぴり気合がはいってたり するのですよ、ここだけの話。ええ。 昨日もグッドミュージックが集まって鳴り響きました。 悲しいサイケメロディー「SUPER DUPER」 泥まみれの匍匐前進ロックンロール「CHARTREUSE」 新次元絶妙バランスひねくれロックス「テジナ」 日本文学×ガレージサイケ、6/6に8枚目リリースの「スランキーサイド」 いやーー良かった!素敵でした。 そして転換中にはですね、サブステージで 村男が歌紙芝居を披露してくれました。 これがハマったなぁ~~~~~~すごい良かった。 今時!?なテレコでオケを流しながら手作り紙芝居を 歌いながら丁寧に演奏というか、なんというか(笑) 優しくて、ちょっと切なくて考えさせられる全世代対応の おとなのこどもミュージック。素晴らしかったです!! で、転換中にやってもらうので各出演者さんには 転換中の音出しを必要最低限でお願いしました。 紙芝居聞こえなくなっちゃうので。 こういうお願いをしたのは、初めてかな?多分。 「すんません、転換中アンプから音出すのやめて くださいな。チェックだけにしてくださいね。」と。 言わなくても皆さん解ってる方ばっかりでしたけど、念のため。 結果からいうとビックリする位スムーズでしたね。 会場の空気によどみが無い。たまに居るじゃないですか 転換中にギャンギャン音が出るバンド。 あれ、5流ですね。当然ながら。 自分の首絞めてるだけじゃないですか。 そんな事を思いながら素晴らしい夜に感謝した次第。 じゃ、四谷で。