今夜、四谷の地下室で。

ライブハウス四谷アウトブレイク店長が日々起こる事やバンド活動についてなど色々書いてます。

素人がんばる。

昨日は深夜にレコーディングのお手伝い。

ちゃんとレコーディングだぜ!!といえないのが

いまだ自信の無い所なんすけどね。。。

今までも色々レコーディングはさせてもらって

お互い勉強勉強な感じだったんですけど

実は来月4月から毎週第二金曜日に

四谷ロックンロールシーンの精鋭「カラス79」と

共同企画をすることになってるんですよ。

で!!その企画は先着20名様に出演バンドの

未発表音源CD-Rを配ろうじゃん!って事に

しましてね。ってことは毎月5バンドの音源を

用意せねばならんのですよ。

もちろん自分達で録音してくるバンドさんも

いるんですが、そこは基本俺にやらせて頂戴よ!と。

ま、半ば酔った勢いで決定いたしまして(笑)

昨日はその4月第一回に出演してもらうZOKKONという

バンドさんのレコーディングをさせてもらいました。

バンドの未発表音源を始めてCDにする訳で

たとえデモといえども、かっこ悪いのを作る訳には

いきません。ま、いっちゃえばタダでやるんで

その辺はご愛嬌!と言いたいんですが、そんな

ハンパも言ってられません。最低限、なんとか

レコスタには及ばずともライブハウスっぽい

感じで録音できればと試行錯誤。

まー限られた機材でやる訳ですから

工夫と根性でやるっきゃない。

そして自分の勉強の為にも色々挑戦しながら

このレコーディングシリーズに望んでやろうと

色々調べてました。

しかし、これがムカつくくらい「正解なんぞない!」という

世界でございまして。録音方法に幾つか定石は

あるんですが、インターネットで調べれば調べるほど

どれもこれも否定し合っているというか(笑)

おお!!このやり方はよさそうだ!!と思って読んでると

違うページでは「なにそれプププ(苦笑)」とか書かれてたり!

いい加減アタマきたんで、1パターン毎にやったるわ!(怒)

と逆ギレしてたりしてました。

という訳で録音で最大の難所でもあるドラム録音の中でも

トップのマイキングについてやってみた。

具体的に言うとバスドラムとスネアを中心線にして

左右にトップを立ててみるというやつ。

普通にドラムのセット全体の中心から左右に

トップを立てるとスネアが右によって

定位がずれんじゃね?っていう話。

だったらそこをセンターに見立ててLR立てようぜって

理論なんですが、これも調べたら賛否両論でした。

(何いってるか解らない人はすんませんねぇ。)

とりあえず昨日やってみた感想はあら、いいじゃない!!

スネア・バスドラムの中心線から同じ距離で左右に

立てたのが功を奏したのかな?LRだけでちゃんと

ドラムの音でした。なので今回はそこにオンマイクで

個別に立てたドラムキットを足す感じで作ったです。

あ、いいかも!!普段よりEQとかコンプも

少ない処理でまぁまぁの音になりました。

レコーディングたのしいいいいいい!!!

そして今更かよ!と突っ込まれそうですが

ボーカルにガッツリコンプを掛け撮りしました。

これも曲のの雰囲気にあってるっぽい!!!

レコーディングたのしいいいい!!!

なんか色々発見できた夜。

全然本業のブッキングに関係ないけどな!!

てへ。

さー今日は学生イベントでござるよ。

なんとクリムゾンと小谷美紗子のコピバン!!!!

すげえええ、楽しみなり。

じゃ、四谷で。