今夜、四谷の地下室で。

ライブハウス四谷アウトブレイク店長が日々起こる事やバンド活動についてなど色々書いてます。

DRUMMERS HIGH!

昨日はアウトブレイク恒例となりました

ドラマーによるリズム天国ドラマーズハイ。

ドラムをステージ一番前にだして

もー好き勝手にドラマーが自分中心に

演奏するという楽しいイベント。

ドラムってばほんと、個性がでますよね。

手数メインでマシンガンみたいに叩く人、

エンターテイメント要素たっぷりにショーとして

見せる人。はたまた相方を連れてきて

音楽の中のリズムを追求する人。

おもしろかったぜ!!!!

で、ドラマーってギターとかに比べて圧倒的に

人工が少ないじゃないですか。だからこその

団結力みたいなものを感じましたね。

みんなでセッティングして片付けて。

ひとつのイベントを作ろう感がとてもあって

ライブハウス店員としては嬉しい1日でした。

そういうイベントはお客さんも入るんですよね。

たくさんのご来場ありがとうございましたー!!

深夜は10月にリリースが決まったとあるバンドの

制作を手伝い。プリプロプリプロ!!!!

ん=既存の曲を寄りよい方向にもっていくには

辛く長い作業であります。

ただ単に「良い曲を書く」ってのは当たりまえで。

実際に流通に乗せて売るってことは、その曲が

どういう方向でよい曲になるのかが重要なんですよ。

ハードに?ソフトに?テクニカルに?シンプルに?

1つの曲に目標と役割を持たせて、その曲を

育てていくという感覚。これって流通にのせる

音源ならではの作業だと思うんです。

シングルだと特に。この曲がくるってことは

もう1曲の役割はここだよなって具合に

方向をしっかり見ないと、闇雲に「良い曲つくるぞー」

じゃダメなんだと思うのですよね。

って話をしながら結局朝7時くらいまで。

これがしばらく続くってんだからバンドはタフだね。

ちょっとでも俺に出来る事があるなら

やれるだけやってやろうじゃないか。

がんばれ。

じゃ、四谷で。