今夜、四谷の地下室で。

ライブハウス四谷アウトブレイク店長が日々起こる事やバンド活動についてなど色々書いてます。

屠殺。

こないだtwitterから流れてきたこんな記事を読みました。

生まれて初めて、鶏を絞めた日。

まぁ、是非読んでもらいたいんですけど、簡単にいうと

鶏(他のシリーズではイノシシとか鴨)を殺して食べる様を

リポートした内容です。

まぁ、俺別に超動物愛好家じゃないですし

それでもご飯は残さず食べるべきだと思ってますよ。

ついでに言えば自然に帰ろう!自然最高!な

ネイチャーネイチャーな感じでもありません。

アスファルト便利だし、田舎はたまに行くから素晴らしい。

東京生まれ、東京育ちの僕です。

でもこのリポートにはちょっとぐっときたわけですよ。

屠殺なんて言葉しってました?wikiによれば

屠殺(とさつ)ないし屠畜(とちく)とは、家畜等の動物を殺すことである。

「屠」は「ほふる」の意であるが、近年の日本では、「屠」の文字が常用漢字ではないことから、

と殺と畜と表記されることも多い。

 

 

だそうですよ。家畜を食べるため(もしくは他の理由で)殺すという事に

別の言葉が用意されてるんですよね。そこにハッとして。

そーいえば、毎日食べているこの肉達の出所とかしらないなと。

 

でさ、どーせ俺たちが食べてる肉なんてのは

暗い工場でキュウキュウにして育てられたかわいそうな動物ですよ。

そういうのも踏まえた上で、この屠殺シリーズにはグッときた。

 

しかも俺はなにも「動物かわいそう!お肉よ、ありがとう!」でグッと

きてるんじゃないの。もちろんちょっとは感動してるけど。

それよりもなによりも

 

俺もやってみたい・・・その場にいて見て見たい・・・

 

と激しく思ったのであります。

もしあのリポートの下に

「参加者募集中!会費2万円!」

とか書いてあったら迷うことなくクリックした。

2万円なら安すぎる。実際いくらか知らないけどね。

 

で!!!この件は各自思うところを勝手に

思ってくれればいいのだけれど。

 

こんなに興奮するエンターテイメント、もしくは

実体験が出来るのって凄いよね。

これが音楽でもできないだろうかって思ってます。

これがライブハウスで行えないかと。

 

世の中は音楽以外に感動できるもので溢れまくってる。

ライブだCDだレコードなんて全体の数%だと思うのね。

で、その数%が好きすぎて自分の限りなく100%に

しちゃってる音楽フリーク、ライブハウスヘビーユーザーが

世の中にちょびっとだけいるわけですよ。

で、その少ない数%をみんなが取り合いをしてる現在。

 

そこをなんとかしたいのだよね。

そんな毎日こなくていいから、月1回はライブハウスに

行くよ、たまに行ったら楽しいよという人間を

俺は増やしたい。とこの記事を読みながら思ったのでした

 

支離滅裂だな、こりゃ(笑)

 

じゃ、四谷で。