今夜、四谷の地下室で。

ライブハウス四谷アウトブレイク店長が日々起こる事やバンド活動についてなど色々書いてます。

#ライブハウス再開 にライブハウス店長が思っていること。

急というか唐突というかライブハウス再開という文字がtwitterに躍り出た。


正直に言うよ、めっちゃくちゃに困惑している。さらに言えば超ビビってる。段階的に戻る日常、6月1日から始めるライブハウスも多いじゃないか。俺の困惑ポイントは大きく2つだ。

①第二波確実にくる…

専門家じゃないけど来ちゃうと思うんだよ。ライブハウスに限ったことじゃなくて、この次の波が来た時にどうするんだろう。また悪者にされちゃうの?医療崩壊しないの?更に厳しい自粛を課せられるの?今回は「もう知るか!」って誰もまじめに自粛しないと思うんだよな。。。という普通の人の目線。

 

②いつもの仕事の仕方忘れた…

これも配信で何度も言ってるんだけど、手前味噌ながらライブハウスで一番ちゃんとした配信ができてると思う。毎日配信していて4/1~の配信は有料無料含めて140本を超えた。撮影技術もシステムも演出もさらに進化できる気しかしてない。


四谷Out break!×BUDDY TANDEN 『アウトブレイク配信ヤバイ』



有料配信も他のチケットサイトに頼らず自分のホームページで簡単に安全に買えるシステムも作った。経費?なにそれ???

 

今までと全く違う事をする脳みそスイッチをオンにしてる訳で、通常ブッキングとか企画の脳が存在してない。ライブハウス再開の報を聞いた時に考えたよ、一瞬じゃあどうやったらできるかな??って。その時に脳みそがパーーーン!!!って割れた。なんも思いつかない。配信ライブにどうやったら人いれられるかな?しか思いつかなかった。

本来であれば3密を手玉にとってお客さんは常にアウトブレイクの入り口から入ってステージを通り裏口から店を出て、また入り口に入ってくる。その導線にいくつかのアーティストがいてライブがみれるイッツアスモールワールドギグ!!というのをポンとネットに出してクスっとしてもらう位できたはずなのだ。。。

 

f:id:boone428:20200526143628j:plain

事務所で仕事しなくなって2か月か…

この2つの変化に俺はビビッてるし、戸惑ってる。単なる慣れなんだったらいいんだけどさ。。。生き残りをかけたサバイバルは多分まだ始まってもいないのだ。という訳で宣伝を1つだけ。



じゃ、四谷で。