今夜、四谷の地下室で。

ライブハウス四谷アウトブレイク店長が日々起こる事やバンド活動についてなど色々書いてます。

やっぱりライブハウスに出演したいと思って来ました。

まずはひっそりとYoutubeをアップしています。

後半で言ってるんですがYoutubeネタを探すって脳味噌が俺にはあんまり向いてないのでBlog的に心に残った事をせっせと喋ってアップしていく方向…?になるのかな、、ならんのかな。なんにせよ『収益化!』みたいな発想じゃなく生存確認的にせっせと動画を残していきます。葬式の時とか流してたら便利そうだし!!!!


【第五十四回】おひさしぶりー!お金のお話だよー!

 

さて昨日はaruharukaが四谷に帰ってきました。編成はフルじゃなくとも兎に角ライブハウスに出たいという欲求の元。おかえりなさい。




バンド活動をある程度続けていくと皆が皆、壁にぶち当たります。レコーディングしてリリースして企画やってブッキングライブ出て。技術はあがるけど集客はついてこず、生活も変わり、人生の未来予想図はどんどんモザイクが掛かってくる。「あれ?ライブハウスに出演し続けて意味あんだっけ?」そんな気持ちになるのはある意味当然。

そんな時、とあるバンドは活動の場所を路上に求めたり、演奏できるBARに求めたり、バンド休止したり、あたらしいバンドを作ってみたり。とにかくライブハウスから離れる事で今の活動のステップアップを図る。それは集客&セールスというわかりやすい数字だけじゃなくて経費をかけないとか、なるべく出費を減らしながら活動するという意味も含まれているのだ。

昨日のaruharukaは最後のMCでほぼ同じ趣旨の発言をして「それでも意味ない事なんてない事を知りました。1年ライブハウスから遠ざかって、やっぱりライブハウスに出演したいと思って来ました。」と言って最後の曲を演奏した。



はだかの王様


この日はドラムレスの編成だったのでドラム(エアーななちゃん)は打ち込みだったんですが最後は二人で。まぁグッと来ない訳ないよな。終演後物販でマグカップを購入。お湯割り専用にします。

f:id:boone428:20200207153633j:plain

aruharuka twitterより拝借。こういう気の利かせ方が出来るスタッフゆいちゃん素晴らしい。




またライブハウスで会いましょう。

じゃ、四谷で。